*JULIA ROBERTS PGRN ES (Penguin Readers, Easystarts)

著者 :
  • Pearson ESL
2.71
  • (1)
  • (2)
  • (17)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 43
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・洋書 (16ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780582504967

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ペンギンのeasystarsを読んでみたかったけど、なぜこのタイトルにしたかは覚えがない。
    薄い本で、かなりあっさりとしか書かれていない。ジュリアロバーツが好きな人には物足りないだろうが、一から入る人にはシンプルでいいかも。

  • 英語の勉強。あっさりな話。

  • 恋多き女性ですね。

  • 0033/YL:0.8/900語/総語数27,070語
    へーって感じです。

  • YL0.8 語数900w 人気女優 Julia Robertsの半生。両親の離婚で、Juliaと姉は母親に、兄は父親に引き取られた。会えないままだった兄はのちに俳優になり、そのつてで女優の道を歩き始める。恋多き女性だが、結婚生活は長くは続かない。スピルバーグ監督に「もう使わない」と言われたり、ヒット作が出ない日が続いたが、ついに『Erin Brockovich』でアカデミー賞を獲った。

    笑顔の裏に隠された波乱に満ちた人生。大物女優でも(に限って?)不遇な生い立ちがあり、パートナーには恵まれず、波乱万丈になりがちに感じる。今は幸せなのだろうか。
    『Pretty Woman』をまた見たくなった! 話題作だったのに見ていない『Erin Brockovich』は、Penguin Active Reading3の『Stories of Courage』で実際のモデルになった人の話を読み、映画を見たくなった。

  • 900語

    2,191,481語

  • Penguin Readers (Easystarts) YL 0.8  200 headwords  Word count 900

    ジュリア・ロバーツ ファンのタドキストにはおススメの1冊です。
    映画でみる以外、彼女の半生などまったく知らないので 「へぇ~」 ってことが多かったですが、ファンなら当たり前のことかな?
    写真も各ページに載っていて、まだ無名の頃の大女優としてはちょっと恥ずかしい?ものもありました。
    ヤジウマ根性で読むのもいいかも。。。

  • SU007-031
    YL0.8-0.8*000900語*SSS**
    ☆GR_PGR0 ★CDなし
    ■6A ▲06-068

  • ジュリアロバーツと聞いてもプリティウーマン位しか頭に思い浮かばない私です。
    映画をあまり見ないので、映画の名前が一杯出てきても「ふうん」としか思えませんでしたが、映画好きならもっとたのしめるのだと思いました。
    900語

  • YL0.8/900語

全17件中 1 - 10件を表示

Addison-Wesleyの作品

ツイートする