*CROWN PGRN1 (Penguin Readers (Graded Readers))

著者 :
  • Longman
3.21
  • (2)
  • (6)
  • (33)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780582505414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 神聖なものを侵すと、謝っても元に戻しても
    絶対に許されないんだな。

  • とても怖かった!!
    怖かったけど面白かったです。
    ページをめくる手が止まりませんでした。

  • [YL:1.1][PGR:レベル1][語彙レベル:300語][語数:4000語]
    読みやすかった。

  • SU007-061
    YL1.0-1.2*004000語*2訂ガイド
    ☆GR_PGR1 ★CDなし
    ■8A ▲08-066

  • 「世にも奇妙な」系の話。不思議な展開に崎が気になって、次々読めてしまいます。英語学習初心者にはオススメ。

  • ○あらすじ

    Paxtonは、イギリスの小さな町Seaburghで休暇を過ごしていた。

    ある日、教会で不思議な冠の話を聞く。

    彼は、その冠が埋められている場所を突き止め、掘り出すが、

    その後から、変な影がついて回るようになる。

    (あらすじは参考程度にお願いします。要約とかは苦手なもので…)


    ☆感想☆

    読みたいと思っていたPenguin Reader Level 1が、

    図書館に置いてあったので借りてきましたw


    書店で見つけても、どうしても上のレベルの本を買ってしまって、

    ずっと買えずにいたんですよね;;


    イントロダクションに「夜には読むな」と書いてあるのを、読んだにも関わらず…

    夜に読んでしまいました(苦笑


    PGR1とは思えない怖さを味わわせてもらいましたw

  • 舞台はイギリスの小さな海辺の街、Seaburgh。
    まだ寒さ残る4月で、観光客もいない。
    休暇でここを訪れた語り手である I とその友人Henry Long が、夜、ホテルでくつろいでいると、Paxton と名乗る一人の男がただならぬ様子で部屋をたずねてきた。
    どうしたのかと聞くと、男は話し出す。
    土地の人から聞いた、この国を守っていると言われる3つの王冠の話を。

    おもしろかった!!
    これはもう、ミステリーというかホラーというかサスペンスです。
    けっこう怖くてすんごいドキドキしちゃった。
    ハラハラしながらするする読めちゃいます。

    あの影は何なの、誰なのーーーーーっ!!!
    謎が明かされぬまま、事件も不可思議なまま、終わるんですよ。
    読後、どういうことなのか考えちゃいます。

    基本 I の独白なんですが、Paxton の話が挟まれていて、作品としてすごくよくできてます。
    完成度がGRとは思えない一冊です。

    ところで、イギリスの海辺にある Seaburgh って街は実在するんでしょうか?
    また、どう発音するんでしょう?
    気になって調べてみたんですけどわからないんです。
    おわかりになる方、教えてください!

  • Paxton青年は、休暇で、海の近くの小さな町Seaburghに来ていた。町のはずれの教会の建物に3つの王冠が描かれていた。この王冠はEnglandを守っているという。そのうちの一つがこの町にあるというのだ。それからPaxtonの悲劇が始まる

  • <pre><center>[YL:1.1][PGR:レベル1][語彙レベル:300語][語数:4000語]

    ちょっと期間があいちゃったケド久々の多読!!
    読みやすいのでスラスラと読めました(*´∇`*)
    ホラーサスペンスな物語だったので、先が気になって
    どんどん読み進められました♪

    ----------読了:2008/03/14 総単語数:170,449語----------</center></pre>

  • 49冊目 YL;1.2 語数;4200

全18件中 1 - 10件を表示

*CROWN PGRN1 (Penguin Readers (Graded Readers))のその他の作品

M. R. Jamesの作品

ツイートする