*1984 PGRN4 (Penguin Readers: Level 4)

著者 :
  • Pearson ESL
3.25
  • (1)
  • (7)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・洋書 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780582777316

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Part1 党による監視社会に支配される人々。

    Part2 監視の目から逃れ密会する男女(造反者)が党に逮捕されるまで。

    Part3 党がいかにして造反者を改心させるか。
    一人の人間が洗脳されるまで。

  • この作品で扱っているような、情報統制や絶対的支配者の出現は現実にも起こりうるだろうと読む度に思う。挿絵は不気味だけれども、文章自体は非常に読みやすい。

  • 随所に入っている挿絵が怖い。
    平易な英語なのですらすら読めた。

  • GeorgeOrwell Penguin Readers (4 Intermediate) YL 4.0 1700 headwords Word count 21332

    1949年に書かれた George Orwell の近未来小説です。
    Animal Farm と共に彼の代表作です。
    オカルトやゴーストものの話よりある意味恐いです。
    他人事だと思えないところにその恐さがあります。
    こんな社会にならないようにたまには緊張感を持つことも必要かもしれません。

  • 精読 未知語なし

  • 何もない時代。
    物も、思想も、愛も、希望もない時代。
    『力』に勝てるものはあるのか?
    ペンギンリーダーだからか、俺の知識の中の内容と食い違った。翻訳版も読んでみたい。

  • Big Brotherによって、統制された世界。
    戦争も、国民の生活も思想も、そして言葉や歴史さえもが、Big Brotherの意思によって統制、管理されている。
    国民はその生活のすべてを監視され、危険分子とみなされた人間は、その存在した証ごと消される。
    この社会で、自由や愛を求めることは最大の罪である。
    しかし、確実に訪れる死を認識しながら、Winston Smithはそれを求めずにはいられなかった。

    何が怖いって、全然、非現実的な話に思えないところが怖い。

  • "there is no freedom unless ideas and beliefs can be quesioned. And if there is no freedom, reality belongs to the people with the power." After I read this book, I'm thinking do we know REALITY??? We think we do, but isn't it just what we are made to believe that is reality, which belongs to the people with power.
    "Perhaps people did no want to be loved as much as understood." I'm not sure about this one yet.

  • オーウェルは非常に好きです。60年近く前に書かれた本としてはとてもリアルで、本当にすごい人だと思います。何回も読みましたが、その度に納得したり、新たな発見があります。

全10件中 1 - 10件を表示

GeorgeOrwellの作品

ツイートする