Kristy's Great Idea (Baby-sitters Club)

著者 :
  • Apple
3.86
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780590224734

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • YL4.0-5.0 語数27217w 7年生12歳のKristyは5人家族。離婚した母は仕事が忙しく、6歳の弟の面倒を兄妹で交代しながら見ている。ベビーシッター探しに苦労する母を見て、Kristyは友達を集め、4人で『Baby-Sitters Club』を作ろうと思いつく。

    ベビーシッターの苦労話、友達とのケンカ、母の恋人への微妙な気持ちなど話題豊富。性格も家庭環境も違う彼女たちの、Teensらしい悩みが次々出てきて、Full Houseより現実味があり。
    4巻までは4人それぞれの個性や秘密をクローズアップしています。100冊以上あるシリーズ。

    手持ちの表紙は写真風のイラストで古さを感じますが、Scholasticから出ているReprint版の表紙は、BSCと描かれたノートだったりカップケーキだったりと、女子好みでカワイイです♫
    (The Baby-Sitters Club #1)

  • ○あらすじ
    Kristyはある日、ベビーシッタークラブを作るという、
    良いアイデアを思いつきます。
    クラブのメンバーは、Mary Anne、Claudia、Stacey、
    そしてKristyを含めた四人。
    でも、本当のことを話してくれない両親がいたり、
    気にいらないお母さんの恋人の子どもの面倒を見ることになって、
    Kristyの悩みは絶えません。
    その上、メンバーのStaceyまで何か隠し事をしているようで…。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    最近、女の子が活躍する本ばっかり読んでますが、
    このシリーズは少し違って、ティーンの悩みが詰まった作品でした。
    新鮮で楽しかったです☆

    クラブの発案者で思ったことがすぐに口に出てしまうKristy、
    シャイで泣き虫なMary Anne、絵が得意でおしゃれに関心の多いClaudia、
    ニューヨークから引っ越してきた謎の多いおしゃれなStacey。
    このシリーズ、毎回主人公が変わるんでしょうか?
    今回はKristyの目線で書かれた話でしたが、
    メンバーそれぞれ性格も違うし、悩みも違うので、
    今後の展開が楽しみです。

    やっぱり、順番通りに読まないとダメでしょうか…?
    何しろ長いシリーズ(約100巻+スペシャル&ミステリー)なので
    Scholasticが今年、新しいカバーで再販したようなので、
    それを追って集めようかと思いますw

  • 6歳の弟のベビー・シッターを探すために、あちこちに電話をかけて大変な思いをしている母親を見たKristyは、ベビー・シッターをしている友人を集めて、ベビー・シッター・クラブを作ることを思いつきます。
    クラブに電話をすれば、所属しているベビー・シッター全員に、一度に連絡が取れる仕組みです。
    7年生の4人で運営をはじめたクラブですが、はじめは色々な問題も起こります。

    12歳の、性格も家庭の事情も様々な、4人の女の子。
    男の子のこととか、お洒落とか学校の勉強とか、その年頃らしい話題が沢山で楽しい。
    悩んだりケンカしたりしながら、女の子同士のわりに、すごくさっぱりした感じなのもいい。

全4件中 1 - 4件を表示

Ann M.Martinの作品

Kristy's Great Idea (Baby-sitters Club)を本棚に登録しているひと

ツイートする