Think Again: The Power of Knowing What You Don't Know

著者 :
  • Viking
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・洋書 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780593298749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「Give & Take 『与える人』こそ成功する時代」などで知られる著者が、知識や経験を積んだ専門家や強いリーダーが陥りがちな「自信過剰の罠」のメカニズムと、その解決策として、素直に誤りを認めたり、対立する意見を受け入れたり、自身の信念を柔軟に変えることができるための手法を、個人・対人関係・組織行動の観点から解説した自己啓発書。

    著者は、強く信じる意見や信念が否定された人は多くの場合、防衛的になり、自説に執着して「説教者モード」になるか、反対意見の穴を突いて論破するための「検察モード」あるいは自説に賛同してもらうために奔走する「政治家モード」に入る傾向があるが、そのようなモードを回避するためには「自信に満ちた謙虚さ」、即ち自らの人格と意見とを切り離すことで、前者を傷つけることなく後者を適切にアップデートしていくことが可能になると説く。

    そのための方策として本書で紹介されるのは、個人レベルであれば間違いを改善の機会と捉えることや建設的反論をしてくれる友人を持つこと、対人関係であれば自身の意見を主張するよりも積極的傾聴や共通理解を追求すること、組織行動であれば反論しても罰せられない心理的安心感の醸成など、正直に言ってそれほど目新しいものではないが、むしろ本書で紹介される様々な研究結果や事例の中に印象的なものが多い。

    例えば、「自説に反論された場合の反応に関する研究」の中で最も自説に執着した被験者の正体、また「8歳の天才ディベート少女」が熟練討論者とのディベートで観衆の支持を失った理由、さらにはスティーブ・ジョブズが当初はiPhoneの開発に猛反対していた事実や、ライト兄弟の飛行機発明をもたらしたイノベーションの秘密など、話のネタになりそうな事例が満載で、それだけでも十分に読む価値がある。

    It is often difficult for experienced professionals, knowledgeable experts, or strong leaders to admit a mistake or to change their mind and opinions even though they understand the importance of "unlearning and rethinking" to deal with complex problems under the uncertain environment. Adam Grant, known as the author of "Give and Take", "Originals" and "Option B", says in this book that what we need is “confident humility”.

    At an individual level, the author suggests to separate our thought from our identity so that we can proactively update our knowledge and skills which are out of date, flexibly revise our opinions reflecting new information, and effectively change our mind according to environmental condition. To do this, it is good idea to have a "challenge network" in which members give the critical feedback we might not want to hear.

    To make others “rethink”, in interpersonal context, the author recommends to avoid fighting war against others. We tend to go into "preacher mode" to deliver sermons to protect our ideals, "persecutor mode" to point out flaws in others' opinions, and "politician mode" to seek the approval. Instead we should try to “dance” with others in which we find a common ground, deeply understand others' opinions by "persuasive listening", and ask questions of “how” rather than “why”.

    Finally, from the organizational behavior perspective, we can create learning culture in our organizations by building “psychological safety” which allows employees to challenge the status quo without being punished, and “process accountability” which promotes deeper thinking before decision making.

    Though many of methods and techniques introduced in this book might not be entirely new ones, I was impressed by some of studies which reveal the cognitive mechanisms which prevent us from unlearning and rethinking.

全1件中 1 - 1件を表示

AdamGrantの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×