Math Curse

  • 10人登録
  • 4.14評価
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : Jon Scieszka
制作 : Lane Smith 
  • Viking Books for Young Readers (1995年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780670861941

Math Curseの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生活のひとつひとつが全てが算数になっていく。理数系の頭を持たない私も、算数が好きな人の気持ちは分かる気がする。

  • Math Curseにかかっちゃった子の話。ある日、数学の時間に先生が言った一言で、まわりのもの全て、数字で表さないと気が済まなくなります。何かの出来事ごとにいろんな問題が出てくるのですが、大抵くだらないオチつき。さすがJonScieszka (笑

  • フィナボッチ先生やバイナリー星人など数学に関する名前の人物が沢山登場します。生活のすべては数学の問題...。息子(6歳)にはちょっと早いかなーと思いましたが、説明や話し合いをしながら毎日数ページづつ読み聞かせしました。

  • ○あらすじ

    ある日、「物事は全て算数に例えて考えることができる」と

    Mrs. Fibonacciに言われてから、全てが算数の問題に見えてきてしまった!

    朝、7:15に起きて、着替えるのに10分、朝ごはんに15分、歯磨きに1分、

    さて、8時のバスには間に合うのか?

    (あらすじは参考程度にお願いします。要約とかは苦手なもので…)


    ☆感想☆

    Time Warp Trioシリーズが面白かったので、

    Jon Scieszkaの作品を図書館で探してみましたw


    SSSの書評だと、平均YL5.8ってなってるんですけど、

    そこまで難しくないような…。

    これって、読み物じゃないし(苦笑

    ところどころ、算数の問題じゃないし…(爆

    Time Warp Trioシリーズと同じく、ちょっと毒があって

    面白かったですww


    YLをどうしようかと思ったんですが…

    自己判断でYL3-4ぐらいだと思ったので、

    このレベルに分類しておきます。

  • 数学のY先生が授業で使っていた絵本。フィボナッチ先生の一言で、数学の呪いにかかってしまった少女は、身の周りのものがすべて数学の問題に見えてしまいます・・・。この呪いにかかっている人は、実際にもいますね。算数+αの知識があり、アメリカの文化に親しんでいるとより楽しめるでしょう。シンプルですが風刺の効いた問題もあります。英語の文章自体は短くやさしいです。1572wd

  • 昔短大の数学の先生が、「数学はすべてに通ず」といっていた。図書館で借りたけど、手元においておきたい本です。だって2週間ではとても生活に落とし込めないんだもん。

全6件中 1 - 6件を表示

Math Curseのその他の作品

Math Curse ペーパーバック Math Curse Jon Scieszka

Jon Scieszkaの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Math Curseはこんな洋書です

ツイートする