The Slumber Party Secret (Nancy Drew Notebooks #1)

著者 : Carolyn Keene
  • Aladdin (1994年9月1日発売)
3.24
  • (0)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780671879457

The Slumber Party Secret (Nancy Drew Notebooks #1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 8歳のNancy Drewのシリーズ1冊目です。
    一緒に登下校しているRebeccaがお泊りの誕生日パーティーを
    計画しますが、招待状が盗まれてしまいます。
    そこでNancyは探偵の真似ごとを始めるのですが・・・

    女の子同士の関係ってどこの国でも同じですね。
    誰が一番の親友だとか、グループに分かれたりとか、
    昨日まで仲良くしていたのに、今日は全く話さないとか、
    年齢に関係なく、それをずっと続ける人もいるから大変です。

    Nancyは他人の悪口は一切言わないのに
    浮くわけでもなく、一目置かれている感じです。
    8歳にして処世術を身につけているんですね。

    女の子の好きな人形の付いた鉛筆や
    レインボーカラーのヘアクリップなど可愛い小物もたくさん出てきて
    生活の一部を垣間見ることが出来て、楽しめました。

    59冊目 YL3.5 9,562words
    total 905,895words

  • (講座蔵書:#1~10、総語数約9000語)

  • Nancy Drew Notebooksシリーズ#1
    アメリカ人の女の子なら子供時代一度は読むといわれ、1930年代の初版以来現在まで続く超長命シリーズ少女探偵Nancy Drew、その小学生版Nancy Drew Notebooksシリーズという位置づけだそうで。
    Nancyの友達、Rebeccaが誕生会としてSlumber Partyを企画しますが、招待状はなくなるわ、変な手紙は届くわで、Nancyは犯人探しを始めます。

    最近読むのは3rdか5thが多く、また3rd gradeか…と思いつつ、読んでみました。 なんか、女子~!って感じの、ひそひそ話とgiggleがつまってて、あー、面倒くさ。と、最初はかなり読みづらかったです。(難易度という意味ではなく。) でも少し長さがあるだけあって、話はひねりもあって、ちゃんと書かれている感じ。トーンに慣れた途中からは勢いよく楽しく読めました。

    SSSレベル3 (YL 3.5) 総語数 9,562語

  • BessとGeorgeはNancyの大親友。
    ところが、Georgeに預けていたBessのロケットがなくなってしまい、二人は大喧嘩。
    板ばさみになったNancyは、ロケットを見つけて、なんとか二人を仲直りさせようとするのですが…

    Nancy Drew Notebooksシリーズ最初の2巻。
    女の子らしいといえば女の子らしいんだけど、なんというか、女ならではのねちっこさとか陰湿さみたいなのもけっこうあって、ちょっと引いたところもあったかな…

  • 0338/YL:3.5/10,000語/総語数2,092,559語/

全7件中 1 - 7件を表示

The Slumber Party Secret (Nancy Drew Notebooks #1)のその他の作品

Carolyn Keeneの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

The Slumber Party Secret (Nancy Drew Notebooks #1)はこんな洋書です

ツイートする