Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus (Junie B. Jones #1)

  • 57人登録
  • 3.69評価
    • (7)
    • (8)
    • (17)
    • (0)
    • (0)
  • 20レビュー
著者 : Barbara Park
制作 : Denise Brunkus 
  • Random House Books for Young Readers (1992年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780679826422

Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus (Junie B. Jones #1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (講座蔵書:#1~16#18、#1~16CD付き、総語数約5000~6000語)幼稚園児のジョニーBが主人公。小生意気なガキで、「私が、私が」と何でもやりたがるエネルギッシュな女の子である。なかなかかわいいところもあって、やさしい心根がちらりと見えたりもする。第1巻では、幼稚園に通うことになったジョニーBが、通園バスに乗りたくなくて騒ぎをおこす。朗読CDは、とても生き生きした話しぶりで意気がよく楽しめる。巻を追うごとにジョニビがだんだん成長していくのも魅力だろう。英語は、幼稚園児らしい間違いがあって、bestをgoodest と言ったりするのもご愛嬌。人気シリーズで30巻以上出ている。

  • 6640

  • 2189

  • 主人公のうざさが鼻について疲れた。

  • SU007-126
    YL3.0-3.5*006640語*SSS**
    ☆児童書 ☆JunnieB.Jones_#1 ☆CDあり

  • 小1の娘が大笑いしながら読んでいます(^0^)
    このシリーズは、娘と同じ1年生の女の子の話なので
    等身大で面白いようです。
    話し言葉が多いので、単語や言い回しも簡単なようです^^

  • ○あらすじ

    Junie B.は、6歳の女の子。

    幼稚園初登校の日、

    スクールバス(彼女曰く“Stupid Smelly Bus”)が怖いJunie B.は、

    帰りのバスに乗らず、教室に隠れてしまいます。

    (あらすじは参考程度にお願いします。要約とかは苦手なもので…)


    ☆感想☆

    図書館から借りてきた絵本を読み終わった後に、

    100万語を通過したのだから、新しいシリーズにでも手を出したいなぁ~

    なんて思って、ストック本からひっぱり出したのが最後…

    一気に読み終わってしまいました(爆

    こんなに早く読んだ本は、他には無いかもしれませんw


    Junie B.は、ハチャメチャです(爆

    ブンブン振り回されて、エンディングを迎えてしまいました…。


    こんな女の子は、

    今まで読んだ本には出てこないキャラクターだったので

    戸惑いましたが、なぜか続きの気になるJunie B.なのでしたww


    Junie B.の挿絵って、Olivia Sharpと同じ…ですよね?

    Olivia Sharpシリーズは、一度投げてから読んでませんが(苦笑

    この挿絵、大好きですww

  • ママが予習用に購入。読めるようになるのは何歳かな。CD付きもあり。

  • curryman(息子)は面白い!と言っていました。評判どうり、現地の子どもたちの言葉遣いですので、bestestとか日本の英語教育現場ではNGの単語が結構出てきますね。YLでは3.0-3.5だと思いますが、それほど気張ることなく気楽に読めると思います。

  • 0218/YL:3.5/6,640語/総語数892,610語/

全20件中 1 - 10件を表示

Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus (Junie B. Jones #1)のその他の作品

Barbara Parkの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus (Junie B. Jones #1)はこんな洋書です

ツイートする