Afternoon on the Amazon (Magic Tree House (R))

制作 : Sal Murdocca 
  • Random House Books for Young Readers
3.41
  • (7)
  • (17)
  • (41)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :117
  • レビュー :39
  • Amazon.co.jp ・洋書 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780679863724

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 所要時間70分。
    いつものシリーズだけど、舞台はアマゾンで、緊張感があっておもしろかったので、★4。

  • 多読です。今回は2つめの特別なものを探して、ジャックとアニーがアマゾンを冒険します。いつもは怖い物知らずのアニーが、虫と蜘蛛は苦手だったというのが可愛くて微笑ましかったです。

  • 素直に楽しめました。ストーリー展開も、前回の忍者のストーリーより面白かったです。

    ただ、舞台がジャングルとだけあって登場人物(動物)が多く、固有名詞も多いです。
    ですが、わからないとこはスルー!
    後々わかってくるので問題ないです。

    個人的に勉強になったのが、predatorという単語。ご存知、映画のタイトルにもなっているものです。まさか造語ではなく、ちゃんとした英単語だったとは驚きでした。意味がわかった時も、なるほど!って思っちゃいました。
    多読でのこういった発見は楽しいですよね。

    わからない人はぜひ、この本を読んでみて下さい。

  • YL: 2.5-3.5
    4,787語

  • アマゾンの自然がテーマ。

    「Just leave them alone. And they won't bother you.」

  • なんとなく、知識として知っている熱帯雨林のことも英語で読むと新鮮でした。知らない単語も結構でてきますが、繰り返される言葉も多いので徐々に覚えていきます。いつも妹から押され気味のお兄ちゃんですが
    Maybe we should go home. というのに対して
    Jack nodded. For once he agreed with her. とい言ったのがおもしろかった。(^O^)/

  • 約4,787語 YL(平均)3.5
    JackとAnnieはMorganを救うために、今度はAmazonのrain forestに行く。人間が絡まない舞台は久々。
    ただ、問題はAmazonのKindleストアからMagic Tree Houseシリーズが消えてしまったこと(汗)。
    次はサーベルタイガー編なんだけど、読み進められない。復活する日を待ち望みます。

  • 多読のために読み始めたシリーズですが、
    虫、蛇、ワニと個人的に苦手なので猛スピードで読み終えました。

    ファンタジーは好きだけど、アマゾン探検物は絶対に読めないなあと子供向け書物で思い知りました。

    Mの謎解きを進めるだけの一冊となりました。

    13冊目 4,787words YL3.5
    total 274,191words

  • YL2.4 / 5,500w
    Magic tree house #6
    125冊目/315,525w

  • 4787words

全39件中 1 - 10件を表示

Afternoon on the Amazon (Magic Tree House (R))のその他の作品

Mary Pope Osborneの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする