Marvin Redpost #6: A Flying Birthday Cake?

  • 91人登録
  • 3.78評価
    • (18)
    • (14)
    • (30)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : Louis Sachar
制作 : Adam Record 
  • Random House Books for Young Readers (1999年9月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780679890003

Marvin Redpost #6: A Flying Birthday Cake?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Marvinシリーズ6作目。
    今回はクラスにシカゴからJoeという転校生がやってきます。
    Joeは毎日同じ服を着てくるし、シカゴの話を聞いてもきちんとした返事が返ってこないし、遊びもしらない、ゼリーも食べたことがない風変わりな子。
    転校生であることに加え、変わり者なためにみんなになじめません。
    でもMarvinだけは彼が輪に入っていけるように頑張ります。

    シリーズの2作目で鼻ほじりいじめを経験しているMarvinは、それ以降自分が決して加害者になることはなく、仲間外れにさせているクラスメイトがみんなの中に入っていけるように気配りします。
    ただ自分も仲間はずれにされることの不安の葛藤もあり、子供なりに悩みます。
    2作以降の話で少しずつ大人になっていくMarvinですが、ここでもまた成長していきます。

    Marvinに私も学ぶことが多いです。
    児童書ですが良本だと思います。

  • YL: 2.5-3.5
    7,249語

  • 転校生に対するMarvinの優しい気持ちに心打たれました。変わっている人を認めてあげる広い心は大切だと思いました。

  • Marvinさいこー!ちょっと違うだけで騒いだりつつくのはコドモだけでなく人間の特徴だけども、Marvinみたいに違いを認める人が多くなればこの世も生きやすい。

  • Marvinの優しさと、Marvin とJoeの関係に心が温かくなりました。
    Chapter 1の内容から、「Joe は宇宙人?」と思い込んで読み進めましたが、彼(とその両親)の正体は最後まではっきりと明かされませんでした。それがかえってよかったかも。

  • Marvin Redpostシリーズ#6
    転校生のJohは、かなり変わってる!毎日同じ服を来てくるし、大統領の名前も知らないなんて。クラスメートは皆Johを避け気味。でもMarvinにはそんなことできない。シカゴでは4年生になるまで大統領について教わらないのかもしれないし…それに、みんなに仲間外れにされる辛さ、知ってるもの。(シリーズ#2のことですな。)
    Marvinシリーズの中では、2と4と、この6が特に好きだな!
    SSSレベル2
    MVR: Marvin Redpost (YL 2.5-3.5) 総語数 7249語

  • 単なるwazzle-fishをwazzle-fish tagに進化させたNick君は何気にスゴい。
    "I guess the kids at school have been kind of mean to you"(p56)の解釈がどうにも分からない。誰か教えてください。
    10万語突破。
    先は長いし、wpmは一向に上がらない。しばらくはレベル2をベースキャンプとせざるを得ない。
    ----
    7249 words YL 2.5 124.9 wpm
    Total : 104496 words / 23 books

  • YL2.5-3.5 / 7,249w
    Marvin Redpost #6
    119冊目/283,025w

  • YL2.5-3.5 語数7249w 誕生パーティーで友達の家に泊まった晩、Marvinは緑色に輝くケーキが空を飛ぶのを見たような気がする。あれは夢? その2日後に転校生がやって来た。
    彼は毎日同じ服で、elephantの単語さえ出てこない。Joe Normalという名前なのに変わり者と呼ばれ、クラスから相手にされない彼はもしかして本当に宇宙人?!

    いじめられた経験があるMarvin。なかなかなじめないJoeの気持ちを汲んで、遊びに誘ったり家に呼んだりと一生懸命で優しい心が伝わってきます。Joeが教えてくれたwizzle-fishという遊びの楽しさから、周囲も少しずつ彼を理解し始めます。Joeは一体誰なのか??謎が解けていくところからラストまでは、4巻5巻に劣らず読ませます。心に残るものがありました。車に積まれた山積みのJell-Oが泣かせます。
    シリーズ全巻とにかくオススメ!  (Marvin Redpost #6)

  • 精読 未知語あり

全19件中 1 - 10件を表示

Marvin Redpost #6: A Flying Birthday Cake?のその他の作品

Louis Sacharの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Marvin Redpost #6: A Flying Birthday Cake?はこんな洋書です

ツイートする