Hour of the Olympics (Magic Tree House (R))

制作 : Sal Murdocca 
  • Random House Books for Young Readers (1998年10月20日発売)
3.42
  • (4)
  • (10)
  • (29)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :22
  • Amazon.co.jp ・洋書 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780679890621

Hour of the Olympics (Magic Tree House (R))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 所要時間65分。

    多読を始めて約30冊、初めてこのシリーズを読んだときより、いくらか早く読めるようになってきた。

    ジャックとアニーの二人にも慣れてきたのも大きいかも。

  • YL: 2.5-3.5
    5,700語

  • またまたアニーったら。

  • 紀元前4世紀の古代ギリシャの本を救い出すお話です。
    ここで出会う賢人はPlatoでした。
    民主主義ではあるものの、女性と奴隷は例外で、
    女性はオリンピックの観戦すら出来ないことが分かったAnnieは
    思い切った行動に出ます。

    最後は今までに救った4つの書物と星座の関係が
    上手くまとめられていました。

    anonymous(匿名、読み人知らず)の背景についても
    語られていました。

    53冊目 YL3.5 5,078words
    total 803,851words

  • YL2.4 / 5,700w
    Magic tree house #16
    135冊目/374,225w

  • YL 2.5
    words 5078

  • [図書館]
    読了:2012/1/18

    5078
    29.5

    ローマとギリシャの区別がつかん…
    Jackたちも「似たような服」って言ってるし。

    プラトンは本当に男女同権主義だったのか?

  • 2116

  • ジャックとアニーが今回行くのはギリシャです。
    有名な哲学者がふたりを助けてくれます。
    この時代のギリシャでは女性は勉強をすることは許されていません。
    オリンピックの競技を観ることも、役者をすることだって許されていないのです。
    「不公平だわ!」と憤慨するアニーです。
    そんなアニーがオリンピックを観ようと忍び込んだので大変です!

    ギリシャ神話ってこどもの頃ちょっと読んだことがあったのですが、もう忘れてしまっています。
    有名なお話だけ載っていた本だったと思います。

    この巻に出てくるペガサス。翼のある馬。
    蛇の髪をもつメドゥーサの首がペルセウスによって落とされたときに、そこから生まれただなんて知らなかったわぁ~。
    Nikeが勝利の女神の名前だったことも知りませんでした~。
    ニーケの像とナイキがつながらなかった。

    一つ前の巻も英語の歴史(かな~?)が書かれていた本の内容とつながっています。
    モンクたちによって守られていたラテン語の本とか、バイキングとか。
    ブリテン島に住み着いたバイキングの言葉もブリテン島の北のほう(イングランドの北のほうだったかな?)に残って古英語に混ざっているそうです。

    なんだかいろんなものとつながって、おもしろいです。

  • 今回は、古代ギリシャにタイムスリップしたJackとAnnie。


    久しぶりに「えっ!?」っていう展開で面白かったんですが、

    ちょっとAnnieの無茶ぶりに疲れた;;

    ネタバレになるので、詳しくは言えませんが…

    今回のトラブルの原因はAnnie自身だし、

    いくら現代の考え方では間違っているとしても、

    「郷に入っては郷に従え」っていうのを知るべきなんじゃないかと…。

    そうしないと、招かなくてもいいトラブルを招いてしまうだろうし。

    まぁ、それじゃ冒険にならないか(苦笑


    でも注意されているにも関わらず、

    無茶をして、ピンチになったら助けてもらえば良いなんてさぁ;

    っと、MTHを読みながら真剣に考えてしまいました(苦笑

    なので、途中までは☆5つだったんですが、☆4つにしました;

全22件中 1 - 10件を表示

Hour of the Olympics (Magic Tree House (R))のその他の作品

Mary Pope Osborneの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする