A to Z Mysteries: The Kidnapped King

著者 :
制作 : John Steven Gurney 
  • Random House Books for Young Readers
3.44
  • (2)
  • (7)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・洋書 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780679894599

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回も早々に怪しい行動があるんだけど、犯人はどうあれ、さらに別の展開が起こるから、楽しく読み続けられる。

  • YL: 3.0-3.5
    8,509語

    総語数:2,960,664語
    総冊数:326冊 (2014.7.4/9歳11ヵ月)

  •  ある国の王子が、自分の両親を誘拐され、自分も危険なのでアメリカに逃げてきました。Dinkの家に滞在することになったが誘拐されてしましました。犯人はだれで、どこにとらわれているのか?
    途中で犯人がわかってしまった。

  • [図書館]
    読了:2012/8/6

    8509
    47.25

    ふむふむ。今回のキーはちょっと面白かった。フランス語知らないせいか。

  • 8509words

  • ○あらすじ
    Dink、Josh、Ruth Roseは、仲良し三人組。
    今回、Dinkの家にSammiという少年がホームステイすることになります。
    なんと彼は、Costra国の王子で、両親が誘拐されてしまったために
    身を隠しにGreen Lawnに来たとのこと!
    でも、そんな彼も翌朝姿を消してしまって…。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    ものすごく久しぶりのA to Z Mysteriesシリーズ、“K”の巻です。
    調べてみたら、前回読んだのは2010年10月…(苦笑
    なんか、懐かしいけれど新鮮な感じ?がしました :P

    悪者に追われているCostra国の王子を預かることになったDuncan家。
    “Don't worry. You're safe here. Nobody will get you in Green Lawn.”
    なんて、Sammiを慰めるDinkだけど、
    これまでGreen Lawnで起こった犯罪の数々を考えると、そうは言えないんじゃ??
    なんて、私は不安になってしまいました(爆
    私の予想通り、翌朝Sammiは誘拐されてしまいます…;

    犯人は途中で分かってしまいましたが、
    ちょっと凝っていてなかなか面白い謎解きだったなぁっと。
    前回、三人の仲間に加わった犬のPalも大活躍だったし
    最近、このシリーズを読んでなかったので、
    コンプリートに向けて、少しずつ集めて読んでいきたいと思います♪

  • A to Z Mysteries # 第11巻。iPad版Kindle。ホームステイに来たある国の王子様がさらわれた?まさにそんな感じの内容。相変わらず、だいたい犯人は早い段階でわかっちゃうし、設定はあまりに無理があるにはあるんだけど、夢もあるし、楽しめるから好き。このシリーズのこれまでの中では結構読み応えがあったなぁというのが印象。

  • YL3.4 / 8509w
    A to Z Mysteries #11

  • 仲良し3人組みのディンクとジョッシュとルース・ローズ。
    そのディンクの家で外国から来たディンクたちくらいの年頃の少年がホームステイすることになりました。
    3人とその少年サミィは仲良くなるのですが、なんと少年は王子様だったのです!
    驚いたことに王様とお后様が誘拐されたというのです。
    そして彼も誘拐されてしまわないように身分を隠してアメリカに来たと言うわけなのです。
    なのに、なのに、ある朝、彼の姿が見えなくなってしまいます!!

  • 2010/2/25読了。
    港区図書館。

全16件中 1 - 10件を表示

A to Z Mysteries: The Kidnapped Kingのその他の作品

Ron Royの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする