Alice's Adventures in Wonderland

  • 102人登録
  • 4.44評価
    • (42)
    • (5)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : Robert Sabuda
  • Simon & Schuster Children's (2003年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (12ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780689837593

Alice's Adventures in Wonderlandの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「不思議の国のアリス」の英語版“Alice's Adventures in Wonderland”。
    頁を開くごとに、空間高く拡がりのある飛び出す仕掛けは圧巻!
    それでいて、小さな箇所まで数々の仕掛けも。
    子供のための絵本というよりも、大人が見ても十分に見応えのある仕掛け絵本。作家:ロバート・サブダの虜になるかも!


  • 何度も開きたくなります
    かわいすぎ!

  • 「飛び出す絵本」はよくあるけれど、この本はそんな枠ごと飛び出している。奥行きある家が、トランプ兵の軍勢が、一瞬で目の前に広がるのは圧巻。さらに、本を開いていく過程でも動きが楽しめるのだからすごい。サブダさんの仕掛け絵本はかなりお値段が張る。それでも少しずつ原書で集めたい!

  • ロバート・サブダさんのしかけ絵本です。一度見たら目が釘付けになるほどの迫力!細かなところまで凝っていてどのページをめくっても楽しいしかけが施されています。さすが紙の魔術師!!次はオズの魔法使いがほしいです。

  • 絵本はすきでもしかけ絵本にはそこまで魅力を感じるわけではないのですが、サブダさんの作品はだいすき。なかでもこのAliceはながめるたびににやにやものです。

  • ニュージーランドへホームステイに行った時、マザーさんにイチオシされた仕掛け絵本。精巧さはもとより迫力と色彩が素晴らしい!帰国してから本屋で再度邂逅して殿堂入り。絵本なんだけど宝石とか時計細工みたいな宝物の扱いをしてしまう。

  • フランスの小さな本屋さんでみつけてからほしかった本。
    ページをめくるたびに素敵で楽しい!

  • 英語読まないけど、眺めてるだけで楽しい
    なんか洋書のほうがかっこいいなあっていう理由だけで日本語版ではなく英語版買ったっていう
    いつかまともに読もうと思う

  • 可愛い。芸術。

  • Sabuda本で一番有名なのはこれかな?
    トランプがアーチを描いて舞い上がるシーンが代表的だけど、
    私は、トランプの兵隊が白いバラを赤く塗るシーンの絵に感動したー!!
    小さい絵だけど、兵隊の手を上下に動かすと、
    白いバラが赤くなるの。楽しい。

全19件中 1 - 10件を表示

Robert Sabudaの作品

Alice's Adventures in Wonderlandに関連するまとめ

ツイートする