Fault Lines: How Hidden Fractures Still Threaten the World Economy

  • Princeton Univ Pr (2010年5月4日発売)
4.29
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :29
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・洋書 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780691146836

作品紹介

Raghuram Rajan was one of the few economists who warned of the global financial crisis before it hit. Now, as the world struggles to recover, it's tempting to blame what happened on just a few greedy bankers who took irrational risks and left the rest of us to foot the bill. In "Fault Lines", Rajan argues that serious flaws in the economy are also to blame, and warns that a potentially more devastating crisis awaits us if they aren't fixed. Rajan shows how the individual choices that collectively brought about the economic meltdown - made by bankers, government officials, and ordinary homeowners - were rational responses to a flawed global financial order in which the incentives to take on risk are incredibly out of step with the dangers those risks pose. He traces the deepening fault lines in a world overly dependent on the indebted American consumer to power global economic growth and stave off global downturns. He exposes a system where America's growing inequality and thin social safety net create tremendous political pressure to encourage easy credit and keep job creation robust, no matter what the consequences to the economy's long-term health; and, where the U.S. financial sector, with its skewed incentives, is the critical but unstable link between an overstimulated America and an underconsuming world.
In "Fault Lines", Rajan demonstrates how unequal access to education and health care in the United States puts us all in deeper financial peril, even as the economic choices of countries like Germany, Japan, and China place an undue burden on America to get its policies right. He outlines the hard choices we need to make to ensure a more stable world economy and restore lasting prosperity.

Fault Lines: How Hidden Fractures Still Threaten the World Economyの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回の金融危機の原因をcheap creditの存在(国際収支不均衡; 輸出依存の経済成長戦略をとる発展途上国、見かけ上low risk, high returnなUS mortgage mktへの投資資金還流)と、それを固定化されたlower classの一時凌ぎのガス抜きに利用してきたアメリカ政府の政策に求めている。『フラット化する世界』で描かれているように、情報技術の発展によりかつての安定を奪われたアメリカ中流階級、jobless recoveryを解決するためには、教育・社会保障制度の改革という長期的政策が必要であるものの、数年おきの選挙を意識せざるを得ない民主主義国家の政治家は麻薬のように本質的な問題解決に繋がらない一時凌ぎの策をとってしまう。この辺りはファイナンス手段が国債発行かサブプライムローン証券化かの違いはあるものの日米で同じ構図。将来に向けての提言として、著書の出身母体であるIMFの改革(policy makerだけでなく各国の知識人階級に直接アプローチする)を一例として挙げているが、この点はイマイチ心に響かなかった。

  • リーマンショックを発端とした金融危機について、その原因には世界的な貿易赤字・黒字の不均衡、アメリカの国内政策、金融機関のインセンティブ、金融機関と政府の関係、権限ある多国家機関の不在等のFault Lineが存在すると言った内容。筆者の基本的な考えは、政府は極力介在せず、市場を効率的に機能させることが一番といったもの。(個人的には強く同意)どの主張も非常に納得できるもので、現代の資本主義の抱える問題点をずばり指摘している。リーマンショックから3年たった今も筆者のあげているFault Lineを克服するための策は講じているとは言えず、特に政治と経済の間にあるFault Lineはポピュリズムの台頭に代表されるように益々溝を深くしているのではないかと思う。今後も著者の論述には注目したい。

全2件中 1 - 2件を表示

Fault Lines: How Hidden Fractures Still Threaten the World Economyのその他の作品

Raghuram G. Rajanの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジョージ・A・ア...
デール カーネギ...
マックス ウェー...
M.E. ポータ...
クリス・アンダー...
J・モーティマー...
デービッド・G....
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

Fault Lines: How Hidden Fractures Still Threaten the World Economyはこんな洋書です

ツイートする