Mirette on the High Wire

  • Puffin Books
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780698114432

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • YL3.5 1,164語 (出版社提供)  /1993年コルデコット賞/ Audeble音源あり
    ---------------------------------------
    ◎すと~り~など・・・
     100年ほど前のパリ・・・の光景が、まるでロートレックの構図で
    おお!と思ってしまいます。
    Miretteの母親が経営する宿屋は 有名人(?)の 御用達。
    Miretteは お手伝い、そして・・・ちょっと立ち聞きも
    お上手です。
     ある日「つなわたり」の芸人さんが やってきます。
    彼が綱の上を歩くのを見て、Miretteは「私にも教えて!」と
    言うのですが・・・その時のセリフも、そおして
    色々なことが「男前」です。

     よくよく見ると 画面のそこここに名画が見つかります♪

    ◎作者さんについて
     1939年 イリノイ州に生まれる。
    子どもの頃から絵の才能があったそうで、ブラウン大学で
    演劇などを学び、卒業後舞台で活躍。
    その後コロンビア大学で美術史を学び
    1966年 「Sea Beach Express」でデビュー。

  • 請求記号・726.5/Mc/F-16
    資料ID・150018590
    『綱渡りの少女ミレット』

  • 綱渡りの名人ベリーニのモデルはブロンディンという綱渡りの名人だということです。
    ブロンディンはナイアガラの上で綱渡りをして、綱の上に七輪を置いてオムレツを焼いたりしてみせたそうです。
    絵本にベリーニのパフォーマンスとして書かれていたのは、そのままブロンディンのパフォーマンスだったのですね。

  • ○あらすじ

    世界中の旅芸人がパリを訪れる際に利用するGateau夫人の宿。

    娘のMiretteは、そこで母の手伝いをしています。

    ある日、彼女たちの宿を一人の引退した綱渡り師が訪ねます。

    彼の芸に感激したMiretteは、是非教わりたいと彼に頼みこみますが…。

    (あらすじは参考程度にお願いします。要約とかは苦手なもので…)


    ☆感想☆

    The Caldecott Medalに輝いた絵本だそうで、

    以前から知ってはいましたが、図書館には置いてないと思ってたら…

    この前発見しましたw


    綱渡りを教えてほしいと頼むMiretteとBelliniの会話で、

    Bellini "Once you start, your feet are never happy again on the ground."

    Mirette "My feet are already unhappy on the ground."

    って答えるシーンが、印象的でした☆


    Miretteの動きが、すごく良く絵に表れてて、素敵でした♪

  • 1113words RL4.1 580L

  • 1993, Ages 4-8

全6件中 1 - 6件を表示

Emily ArnoldMcCullyの作品

ツイートする