The Tale of Squirrel Nutkin (Peter Rabbit)

著者 :
  • Warne
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・洋書 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780723234616

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ○あらすじ
    湖畔の森に住むリスたちは、
    秋になると湖の真ん中に浮かぶ島に木の実を集めに行きます。
    食糧集めの前には、必ず島のオークの木に住むふくろうの“Old Brown”に
    手土産を持って挨拶をしに行くのですが、
    リスのNutkinは手土産も持たず、木の実も集めず、
    Old Brownにいたずらをしてばかり…。
    最初はふくろうも無視をしていたのですが…。
    (あらすじは参考程度でお願いします。)

    ☆感想☆
    「ピーターラビット」シリーズです。

    怖いもの知らずのNutkin…。
    彼のいたずらが、どんどん度を越して行くので、
    読んでいるこっちが怖くなってきてしまいました;
    我慢も限界に近づいてきたOld Brownの顔が恐ろしい…(>_<)

  • ナトキンとリスたちはふくろうの住む湖の中の島へ木の実を集めに行きます。
    リスたちはふくろうのブラウンさんに敬意を表して貢物を持ってゆくのです。
    ところが怠け者でお行儀の悪いナトキンは貢物を持ってこないばかりかブラウンさんをからかうのです。
    知らぬ顔をしていたブラウンさんですが、ついに堪忍袋の緒が切れて...。

全2件中 1 - 2件を表示

BeatrixPotterの作品

The Tale of Squirrel Nutkin (Peter Rabbit)を本棚に登録しているひと

ツイートする