Tangled: The Junior Novelization (Disney Tangled)

著者 :
  • RH/Disney
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・洋書 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780736426794

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • I think Tangled is more difficult to read than Frozen, because the writer used unfamiliar words for Japanese in it. However, I was able to imagine the scenes thanks to watching its movie in advance.

    I felt happy after reading it since Rapnzel who was kidnapped by Mother Gothel could go outside and find her parents. What is more, she found the true love with Eugine who took her out of confined tower.

  • 邦題『塔の上のラプンツェル』。生まれて間もない頃、何者かにさらわれたプリンセス。プリンセスがいつか無事もどるようにと、誕生日には空に無数の灯りを飛ばす王と女王。一方、森の奥に高い塔の上に住む輝く長い髪を持つ女の子Rapunzelが住んでいました。育ての親Mother GothelはRapunzelを18年間、一度も外に出したことはありませんでした。外の世界は悪で満ちているからというのが理由です。Rapunzelはずっとその言いつけを守ってきましたが、毎年自分の誕生日に空に現れる謎めいた美しい灯りを近くで見たいという気持ちが抑えられなくなりました。Mother Gothelは狂ったように反対します。外の世界へ目を向けていくRapunzelが、真実を見つけ出す過程は面白くて感動的です。映画を観てから読むと、シーンが容易に浮かぶので読みやすくなると思います。

全2件中 1 - 2件を表示

IreneTrimbleの作品

ツイートする