Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)

著者 :
  • Bloomsbury Publishing PLC
3.63
  • (60)
  • (66)
  • (156)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 465
感想 : 57
  • Amazon.co.jp ・洋書 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780747538486

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Audiobookを聞きながら3日間で読んだ。映画でよくわからなかった部分、(Tom Riddleの日記、Aragogの由来、Slytherinの跡継ぎ、Dobbyの主人など)理解ができた。Audiobookの声が良く、再聴してみたい。

  • 私にとっては、一番の難関だと思っていたこの二巻…。
    邦訳版を途中で放棄したのも、この巻でした;
    まず、ダーズリー家に戻ったハリーが可哀想すぎたのと、
    ドビーの真剣なお節介がうるさすぎて、頭の中にドビーの声がガンガン響いて、
    本を閉じずにはいられなかった…

    そんなわけで、最初の方はあまりのめり込まず、
    引き気味で読んだんですが、心配していた部分はなんなくクリアできました
    ただ、逆にロックハートのしつこさが目につきます(爆

    一巻の時は、映画版は結構原作に忠実に作られていた気がしたんですが、
    今回は、映画版でカットされているシーンが多い気がします。
    英語も、一巻よりは難しめです。
    一巻を読んだ時は、もっと脳内ナレーターさんのスピードが速かった気が…(爆

    今回、ダーズリー家で不憫な夏休みを過ごしながら、
    学校に戻る日を指折り数えて待っていたハリー。
    そんな彼の元に「ハリー・ポッターはホグワーツに戻ってはいけない!」
    という警告を持ってやって来たhouse-elfのDobbyの出現によって、
    ハリーのホグワーツ二年目は、やっぱりスムーズには始まりません。

    学校に辿り着いて、再び彼の周りで巻き起こったのは、
    壁に書かれた血文字のメッセージとマグル出身者への襲撃…。
    それも、その場に居合わせてしまったせいで、
    ハリーが犯人なのではないかと疑われる始末;;
    彼は、今回もロン&ハーマイオニーと一緒に、
    この事件の裏に隠された“秘密の部屋”の謎を調べ始めます。

    前回もそうでしたが、
    wrong time, wrong placeに居合わせるハリーが不憫すぎました x(

    それにしても、この二巻を読んで思ったのは、
    思っていたよりも結構ロンが頼もしいこと!(爆
    彼のツッコミもなかなか冴えていた巻でしたw

    それに、ロックハートのへっぽこぶりを見抜く力が、
    ロンにあってハーマイオニーに無かったっていうのが…;

    面白かったけれど、
    少しずつ英語が難しくなっている気がするので、
    次を続けて読むには、もう少し修行をしないと苦しいそうです…;
    また、そのうち気が向いたら読もうかと思います。

  • え~と、これは
    高校1年か2年の冬あたりに買った
    ハリポタの原作本

    唯一持ってる原作がこれだけなので
    賢者の石、囚人とか他のも欲しくなる

  •  面白いのであっという間に読めてしまいます。それにしてもハーマイオニーって便利なキャラだなあ。今回はホグワーツの生徒に次々と異変が起きて大変。ハウスエルフ、巨大蜘蛛、秘密の部屋の怪物などいろんな魔法生物も出て来て楽しい。

  • <閲覧スタッフより>
    ハリーポッターシリーズを原書で読んでみよう!特殊な単語が多いハリーポッター。難易度は高めといわれていますが、日本語版を読んだり映画を観ることである程度知識があると、洋書版がぐんと読みやすくなります。1冊読破できた時の喜びはきっと格別ですよ。
    --------------------------------------
    所在記号:933.7||RJ||2
    資料番号:10132555
    --------------------------------------

  • ハリー・ポッターの次の話が気になります。映画にない場面や、面白い場面があったのでおもしかったです。英語をもっと勉強したい人にオススメです。

  • 個人的に2巻は正直つまらないというか、説明が多くて面倒くさくなってきます。
    ハリー達の秘密の部屋の真相をあばくまでの準備期間が長すぎて、メリハリが1巻よりないんです。
    後半も当然説明が長く、色々と、後の巻につながる重要な話ではあるのですが・・・・
    映画ぐらいハショッテくれた方が私は2巻に関しては好きです。

    英語としては、1巻より文法的には同程度ですが、単語量が多くなるのと説明が多くなるので結局詳しく知ろうと思うと、1巻でわからなかった単語や2巻でもわからない単語は頭に入れてから読んだ方が読みやすいですね。

    でもやっぱり、日本語の時のもそうですが2巻は私には読むのが苦痛な内容でした。

  • 日本語では何度も読んでるけど、英語になると人物名や呪文が難しい!
    でも内容は頭に入ってるから楽しく読めた♪

  • YL9.5 / 85,141w
    195冊目/819,700w

  • 洋書多読の一環として。第1巻より難易度がやや上がった気がした。第3巻を読む前にもう少しレベルアップが必要。表紙イラストの車の色使いが好きです。

全57件中 1 - 10件を表示

J. K.Rowlingの作品

Harry Potter and the Chamber of Secrets (UK) (Paper) (2)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×