Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (UK) (Paper) (3)

著者 :
  • Bloomsbury Publishing PLC
3.88
  • (108)
  • (45)
  • (144)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 478
感想 : 73
  • Amazon.co.jp ・洋書 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780747549505

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2週間で読み終えた!一番早く読み終えれた!3巻中一番分厚いのに笑

    やっぱりこれが一番好き!!
    シリウスもルーピン先生も好きだし、二人が会話するシーンは本当に最後しかないけど、何か、いいなって思う
    すごい誤解をお互いにしてたのに、一瞬で昔の仲に戻っちゃうなんてさ そういう関係も、二人のジェームズに対する思いもすごいいいなって思う (まぁ二人は変わった境遇にあった中での友達の存在が大きかったっていうのが強いとは思うけど)
    あとは、ハリーとハーマイオニーが二人で行動してるとこが多いのも理由の一つだったりする 未だに出来れば二人にくっついて欲しかったと思ってしまうくらい、このペアが好き H/GとR/Hもいいんだけど、やっぱりこのペアが・・・

    シリウスが捕まった後にスネイプがでっち上げを言ってる時に、スネイプとハリー達3人の記憶覗けばいいじゃんとか思ってしまった
    もちろん記憶の操作が可能なのは知ってるけど、錯乱の呪文解けば・・・とかいろいろ先を知ってる今となっては考えてしまった
    でも、ダンブルドアが言ってたように、一つ一つの出来事が、見えてる/思ってる以上に複雑でいろんな条件が重なったことによって生じているのなら、(フィクションの世界の中とは言え)7巻までの未来のことを思うとやっぱり違う展開は無理なのかなと

    そうそう、セドリックとチョウがシーカーだってことすっかり忘れてて・・・二人にビックリした 結構覚えてないもんだなと
    てか好きなシーンしか覚えてないんだなと


    この先からどんどんボリュームが増して、どんどん悪の力が強くなっていくんだよね 読むの大変そうだけど、頑張る
    3巻はだいぶ伏線も多いし、その回収とか、今回もだったけど、映画との相違点とか見付けながら、ちゃんと読みたいな 
    大分原作の記憶が映画で塗り替えられているとこの3冊で理解した

    (話が複雑になっていくのと同時にどんどん専門用語というか造語が増えるから大変そうだ
    4巻とか他校の人の訛りのある英語をちゃんと理解出来るかも少し不安だ ハグリッドのでさえ未だにギリギリなのに・・・)

  • ハリーポッター原書の感想はここにまとめる。

    私がハリーポッターを初めて知ったのは、日本語訳の1・2巻が出版されていて3巻の日本語版が出るのは約1年後という時だった。
    当時はハリーポッターはまだそれほど認知されていなかったと思うが、知人に教えてもらって日本語版を2冊読んだところですっかり虜になってしまった。

    早く先が知りたくて、とても1年など待てない為、学生の時以来洋書なんて読んでいなかったのに無謀にも購入して読むようになった。

    以来、原書が出版されるなり購入し、日本語版が出るまでに読み終えることを続けた。だから原書の1・2は読んでいない。

    自分の英語力は貧弱で、ボキャブラリーも文法も高校受験レベルくらいだった。
    しかし辞書をいちいちひいていたのでは一生かかっても読めそうになかったし、呪文やら食べものやら何やら造語がやたらと多いので、辞書は使わずひたすら感覚だけで読み進めた。
    それでも日本語版を読むと内容が合っていたので一安心。
    なんとか読めていたようだ。

    わからないながらも何故か日本語版よりも原書で読んだ方がはるかに臨場感もあったし、感動したり悲しくて泣いたのも原書の方だった。

    原書は当然各巻一度ずつしか読んでいない。
    しかしいつかは、日本語版を横に置いて照らし合わせつつもう一度読んでみたいと思っている。

  • <閲覧スタッフより>
    ハリーポッターシリーズを原書で読んでみよう!特殊な単語が多いハリーポッター。難易度は高めといわれていますが、日本語版を読んだり映画を観ることである程度知識があると、洋書版がぐんと読みやすくなります。1冊読破できた時の喜びはきっと格別ですよ。
    --------------------------------------
    所在記号:933.7||RJ||3
    資料番号:10132556
    --------------------------------------

  • 今回は宿敵「名前を言ってはいけないあの人」が出てきませんが、内容は濃いもので、ハリーの両親の記述によってハリーのキャラクターをより鮮明に描いています。

  • 本ではなくオーディオブックで聴いたけれど、登録の仕方がわからず洋書版で登録!

    Harry Potter シリーズの中でこの巻が一番好きかも知れない。

    Stephen Fry のイギリス英語がとても綺麗(イギリス英語目当てで購入した)。

  • The appearance of the friends of Harry's father makes the story deeper and more exciting.

  • 長かったー!!でも読んだ後の達成感はすごい!
    内容は日本語読んでて知ってるけど、原文やっぱ面白いわ。

  • 2巻よりは読みやすいですが、説明があまりないので。
    でも話として興味が無い部分が多く、そういう点では2巻の方が読みやすかったので、好きな部分は短時間でサクサクと読んでしまうのに、興味のない章は時間がかかって集中できず・・・というのを繰り返したために1日1ページしか読まない日も多くて(;^-^;)
    1ヶ月と3日もかかってしまいました。

  • ハリーポッターは全部大好き。でもつまるところ小説も映画もベストはこのアズカバンの話やと思う。

  • 図書館で借りて読んだ本。ここらへんから本が分厚くなって携帯に不便になってくる。天涯孤独だと思ってたハリーポッターにゴットファーザーがいた事実が嬉しかった。

全73件中 1 - 10件を表示

J. K.Rowlingの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×