Harry Potter and the Order of the Phoenix (UK) (Paper) (5) Adult Edition

著者 :
  • Bloomsbury Publishing PLC
3.92
  • (9)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・洋書 (956ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780747570738

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ハリー・ポッターシリーズ5作目、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」。
    いや〜、長い。とにかく長い。前作もすごいなと思ったけど、今作は936ページ。比べてはいないけど、Kingさんの "The Stand" 辺りよりも厚いんじゃないかな? 読み終わって思うのは、こんなに長くなくても別にいいんじゃないの?ということ。ローリングさんが書きたかったんだろうからもちろんいいんだけど、内容を振り返ると、中身より長いなという感じがする。子どもたちはこれを嬉々として読み切ったんだろうか?
    前半はUmbridgeによる迫害がメインなのに、その話が結局はメインじゃないという辺りが、ちょっと(やっぱり長すぎて)詰め込みすぎてるのかなと思う。読み終わった時にはシリウスのことなんかで頭がいっぱいで、Umbridgeのことなんかすっかり記憶の彼方だもの。
    シリウスのこと、予言のこと(誰がその予言をしたのかも)、なぜDumbledore先生が小さいハリーをDursleysに預けたのか、そのへんがわかったのはよかった。
    あと、個人的に、映画でハリーパパがすごい意地悪で嫌なやつとしてスネイプ先生の記憶にあった(口が悪人風にひんまがってたんだもの)のがとてもショックだったので、その辺もローリングさんの意図を確認できてよかった。


    まあ、結局、全面戦争が始まるんだね。

  • 各章が長く、1日1章のペースを保つのが大変で、読了まで時間がかかってしまいました。

    内容も盛り沢山で、何を読んだのか思い出すのが大変です。

    映画は学園物テイストが強い印象がありますが、原作はそうでもないです。

    この巻に入ってから、辞書をひくことが完全になくなりました。読み取れるわけではなく、読み飛ばせるようになったのと、面倒臭くて断念したのと両方です。

    2読目はもう少し詳しく読もうと思いますが、とりあえず今回はこのまま先へ進みます。

  • ◎ YL : 6.5 ◎ 語数 : 257,000語 ◎ Harry Potter

  • 発売日に配達され、そのまま本の山の下に埋もれてたのを、最近発掘。ハリポタ5巻、英国版の大人用表紙ヴァージョン。大人が人前でも堂々と読めるというコンセプトらしい。

  • 今頃かよ、って感じだけど、ずっとほったらかしだったので一気に読んだ。泣いた。洋書で泣けたのは初めて。ちょっと生意気で自己中なHarryにいらだったりもしたけれど、迫力満点☆Fred&George最高!!

  • ハリーポッター第5巻。

全6件中 1 - 6件を表示

J. K.Rowlingの作品

ツイートする