The Tales of Beedle the Bard (UK) Standard Edition

著者 :
  • Children's High Level Group
3.52
  • (5)
  • (6)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・洋書 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780747599876

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • I must say this UK version had beautiful illustrations and I enjoyed the layout and format.

    I read the US one before this one, but to revisit the Tales was really fun. Not only are they very much like real children's fairy tales (in how they are written and in how they progress), but they are also completely significant and meaningful to the Harry Potter series in which they are refrenced. I am just awestruck at how J.K. Rowling made use of the Invisibility Cloak in book one and made it significant in book seven and the Tales. This is a well-thoughtout piece of work and I love it.

    I would really want to share it to my children when I have children AND I will never forget the lessons it teaches.

    I, like Albus Dumbledore, loved the final story most.

  • 10,423 words

  • The Fountain Of Fair Foutune が好き。
    JKRもここまで凝るとはね。

    内容というより神聖さ☆で星5つ☆

  • ハーマイオニーはどういう気持ちで訳したのかなーと思うと少し切ない。

  •  英語で読んだので、多少意味が取りきれてない部分もあるのですが(;^ω^)各章末のダンブルドア先生の解説も読んで、ストーリーやメッセージをうすぼんやりと理解することはできましたw
     ちょっとボリュームが足りなくてもの寂しいですが、面白かったと思います。

  • 電車の時間が空いたのでちょっと洋書コーナーに行ってみたら発見しました。ハリポタは一応全部そろえたんですよね。一巻は誰かに貸していて見当たりませんが…(それ、そろえたって言わないんじゃ…)この間読みたかったところだけ拾い読み致しました。やっぱり結構考えられてつくられてますね〜

    7巻に登場する本ですね。現在の童話、と言えば聞こえはいいですがハリポタ自体今の童話だよな〜なんて思いつつ読みました。個人的には幸運の泉の話が好きです。ただ、お話の最後のダンブルドア校長のうんちくは個人的にはいらないかなあ…と。

全6件中 1 - 6件を表示

The Tales of Beedle the Bard (UK) Standard Editionのその他の作品

J. K. Rowlingの作品

ツイートする