Inferno (Export Edition) (Robert Langdon)

著者 :
  • Anchor
3.80
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・洋書 (624ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780804171540

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【概略】
     「人口の爆発的増加は、憂慮すべき状況だ!我々はアクションを起こさなくてはならない!」天才的科学者であるゾブリストは、地球の未来を憂い、あるミッションを実行することとなった。彼は、WHO(世界保健機構)の目を盗み、自らのミッションを実行に移す。
     ハーバード大学のロバート・ラングドン教授が目覚めたのは、フィレンツェの病院。銃弾が頭部をかすめ、意識を失ったという。ラングドン教授は、自身の記憶が一部消失していることを知る。担当した医者であるシエナ・ブルックスの説明を受ける最中、拳銃を持った女性から襲撃を受けるランドン教授、シエナ・ブルックスとの逃避行が始まった。
     ゾブリストの思惑、ラングドン教授の逃避行と記憶の解明、ダンテの「地獄篇」を下敷きに、人類が直面する問題への「答え」が求められる。

    2018年10月15日 読了
    【書評】
     「The Da Vinci Code」「Angels & Demons」「The Lost Symbol」に続く、ダンブラウン4冊目。
     終盤のたたみかけには、心臓の高鳴りと比例してページをめくるスピードが上がっていったのだけど、中盤までは・・・なぜか・・・辛く(笑)何故だろう???自分の読む力が落ちているのか?と悲しくなるぐらい。
     残念ながら、先に映画を観てしまい、劇中、ラングドン教授が被る幻想・地獄篇のインパクトが強かった半面、そういったおどろおどろしさが、描写から伝わってこなかったからかも。淡々と進む場面描写に「あぁ、これが先々の伏線になるのかな・・・」と思いつつ、前向きに楽しもうとしなかったことが、いけなかったのかもしれない。
     もう一つは、ラングドン教授以外のキャラクターに対する愛憎が強くでなかったことかな。ゾブリストの言いたいこともわかる・・・けど、「それが導き出した結論?」って感想だったし、「地球上の誰かが言った・・・」で始まる素晴らしい漫画作品で人口問題は触れられていることもあり、後藤に勝るインパクトがなかった(全然キャラ違う!)ってのも、ある。
     でもきっと、自分の英語力の低さが原因なのだろう!また時間をおいて読んでみたら、新しい発見があるかも!次回、読んだ時にこの書評が大きく書き換えられること、期待したい♪

  • 本は読んでないけど映画をプネでみました。ソファ席で優雅に観てたからか、すごくいい映画でした

  • 期待大の第四弾。
    発売と同時にハードカバーで購入。
    出だしから「?!?!」的であっと言う間に読み進めてしまいました。
    ハードカバーだから重くて肩が痛い痛い…。

    【自主的に購入】

全3件中 1 - 3件を表示

Inferno (Export Edition) (Robert Langdon)のその他の作品

Inferno (Robert Langdon) ペーパーバック Inferno (Robert Langdon) Dan Brown
1-9504932843の詳細を見る ペーパーバック 1-9504932843 Dan Brown

Dan Brownの作品

Inferno (Export Edition) (Robert Langdon)を本棚に登録しているひと

ツイートする