Papa, Please Get the Moon for Me (World of Eric Carle)

著者 :
  • Simon & Schuster Books For Young Readers
3.74
  • (18)
  • (12)
  • (35)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・洋書 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780887081774

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お気に入り。なかなか図書館に絵本を返せない状態になっています(笑)

  • この本も、割と有名だと思うけど、エリックカールだったんだね。
    よかったですよ。

  • あおむしよりこっちの方がまだじっくり見てたかも(とばすページもあるけど)。とはいえ、エリック・カールはいい方だ。

  • お月様はあんなに近いのに、どうして一緒に遊べないの?と言う娘のために、ながーーーーいはしごをたかーーーーーーい山の上に架けて、お月様に直談判するパパが素晴らしい。愛情ですね。
    終わり方がすごくファンタジックです。敢えて何も書かれていないのが、とても良い。そこで子どもたちはなんて考えるんだろうとか、ここでは子どもたちになんて声をかけてあげるのかなとか。そういったことに思いを馳せられるのも、素敵ですよね。

  • これは娘と数えきれないほど読んだ絵本。仕掛けもあってワクワク。

  • 234 words 9冊目/1,696 words

  • 234 words 10冊目/1,754 words

  • パパの挑戦がどれほど途方もないことか、絵本の仕掛けからよ~く伝わってくる。子供たちは、月の満ち欠けについても知ることができる。
    234 words 21冊目/8,089 words

  • とてもかわいい仕掛け絵本です。十五夜に合わせて読み語りをしました。大きな月が現れた時、低学年の子供たちは大きな歓声を上げていました!

  • 娘に「お月さまとって」と言われたパパ。驚きの方法で娘の願いを叶えます。
    これはCarleさんが絵本作家になる前、お嬢さんが3、4歳のときに実際言われた言葉で、Carleさんは「月の本」を描いてあげたそうです。その後、これを思い出したお嬢さんからの手紙がきっかけとなって、この絵本は出版されました。
    しかけ絵本になっていて、横にのびーーたり、縦にのびーーたりしながら、突っ込みどころ満載で楽しいです。でも一番感動するのは、満月のシーン。
    この絵本はいろいろなサイズが出ていますが、お月様の大きさを感じるのは、ハードカバーが一番です。Carleさんの他の絵本にも登場するお月様です。
    490wd

全28件中 1 - 10件を表示

EricCarleの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
EricCar...
A.トルストイ
Virgini...
酒井 駒子
EricCar...
エリック=カール
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×