Dreams from My Father: A Story of Race and Inheritance

著者 : Barack Obama
  • Broadway Books (2004年8月10日発売)
4.18
  • (7)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 42人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781400082773

Dreams from My Father: A Story of Race and Inheritanceの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメリカのオバマ大統領が幼少時代から、シカゴでのオーガナイザーでの仕事時代、そしてケニアへの訪問と3章に分けてつづられた一冊。オバマ氏のアイデンティティを探す旅。

    大統領になる人はどんなひとなのか。この本は、「大統領だからこんな人だったんだ」ではなく、一人の普通の人間としてオバマ氏が自分はいったい誰なのかを探し求めていたことが分かる。黒人として。オーガナイザーとして。人種のるつぼだといわれるアメリカだからこそ。そして父は何を求めてやってきたのか。

    すごいことをやり遂げる人は、何か特別だと思いがちだけれど、特別は特別でも超人的特別さではないのだ。ひとつひとつ、その存在に意味を探し出し、けして投げやりにならず、人柄がうかがえる。こういう人なら国を任せてもいいと思えるのだろうか。

  • オバマ大統領が上院議員になるまでの生い立ち。原文で読んだからこそ、彼の思いが強く胸に響きました。

  • 友達にもらってからもう随分前に読んだんだけれども…。
    いやはや本当に興味深く読みました。
    こうやって読むと、改めて彼が大統領なのがいまだに信じられない感じ。
    こんなにsensitiveな人が大統領になって、
    そう考えればアメリカも捨てたもんじゃないような気がする。

    なかなか興味深い環境で育った人で、
    だからこそきっと彼は広い視野で物事が見えるんだろうし、
    だかこそ夢も大きいのかもしれない。

    幼い頃からずっと感じてきた疎外感。
    『自分』というものを見つけられずに、彷徨い続けた彼。

    彼が出会ってきた人々。
    彼が経験してきたこと。
    彼が考えて、悩んできたこと。
    それらすべてが今の彼を創り上げているのかと思うと、
    なんとも面白くて、どうしても彼に期待をせずにはいられない。

    言葉の端々になんだか彼の人柄を感じられて、
    読み物としても飽きることなく、
    むしろ引き込まれて読んでしまった。
    普段のスピーチからも思ったけれど、
    彼は物語を語るのがとてもうまい人で、
    人の心に響くなにかをもってるんだよなぁ。

    もっと読んでみたい、と思わせる本でした。


    一度読むときっといい。

  • アフリカからの一本の電話で、すべては始まった−。人種のはざまで揺れる想い。ケニヤで見つけた父の夢。黒人初のアメリカ大統領を目指す男、バラク・オバマの内なる旅の記録を綴った回想録。

全4件中 1 - 4件を表示

Dreams from My Father: A Story of Race and Inheritanceのその他の作品

Barack Obamaの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
遠藤 周作
村上 春樹
デール カーネギ...
武者小路 実篤
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

Dreams from My Father: A Story of Race and Inheritanceはこんな洋書です

Dreams from My Father: A Story of Race and Inheritanceを本棚に登録しているひと

ツイートする