Penguin Readers: Level 1 MARCEL AND THE SHAKESPEARE LETTERS (Penguin Readers, Easystart)

著者 :
  • Pearson Japan
3.72
  • (1)
  • (16)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・洋書 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781405876735

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • YL.1.0 2031words

  • 多読です。フランスのネズミ探偵Marcelが、イギリスの友人を訪れて、消えたシェイクスピアの手紙を追うお話です。物語はシンプルですが、緊張感があって楽しかったです。

  • 毎度おなじみ名探偵Marcelのシリーズ。かわいい。今度の舞台はロンドンです。毎回お宝が大物すぎる気はするものの、今回も鮮やかな活躍でした。でも家宅侵入しているし。ネズミだからいいのか?(笑)

  • 【YL1.0-1.2 2031w】


    Marcelはロンドンに住む友人のHenryを訪ねた。紅茶 と話を楽しんでいるなか、同じところに住む人間のBarton教授の話に。「彼は明日、有名になるのさ。」



    Marcelはもちろん友人のHenryも一緒に大活躍!毎回の事件解決スゴすぎます♪


    *AIUのLDICで読んだ本。

  • Moodle Readers Level 2

  • 非常に短い童話であるが、なかなか含蓄がある。ただ、シェークスピアを知らなければこの話についていけないだろうなとは思います。ネズミのマルセルはパリに住んでいますが、彼はロンドンに住んでいる友人のヘンリーの許を訪れます。ヘンリーの許を訪れた彼は、彼の家に新たな住人がいることに気づきます。

    「彼は誰?」

    ヘンリーはその住人は大学教授であり、明日にでも有名になるでしょう、と述べる。なぜならば、彼は、老女から、シェークスピアの手紙を預かっておりそれを公表するからなのです。というわけで、シェークスピアの手紙に興味を持ったマルセルはそれをぜひとも見たいと思います。ヘンリーがそれを見せてあげようと金庫を開けるのですが、なんと中は空っぽであり、金庫には大きな穴があけられており、向こう側には女性がいるのでした。彼女はどうやら手紙を盗もうとしているようです。

    探偵であるマルセルは彼女を追跡することにします。ヘンリーも彼にお供します。彼らは、彼女が残したメモから空港に向かいとうとう彼女を発見します。そして、彼女の鞄を切り開いて手紙を取り出し、その場を逃れます。女性は手紙をネズミにとられたことに気づいて大慌てで彼らを追いかけますが、荷物を持った男性とぶつかり彼らを見失ってしまいます。


    手紙は持ち主の大学教授の机の上に、返してやり、彼らは花火へと目をやります。と、まとめれば非常に短い童話だし、簡易な表現に書き換えられているから、きれいな言葉とかも見当たらないのだけれども、やっぱり童話ってやつはいいなと思わせてくれる一冊でしたね。

  • 読了:2011/6/18

    2031
    7

    ほんとにすごいネズミだねぇ。


    flat

  • シェークスピアの手紙を花火の夜に金庫から盗んだ泥棒を追いかけるMarcel達のお話。
    Marcelシリーズは、簡単な英語なのにそれなりに楽しめる内容になっていて好き。著者が上手なんだろうなー。

  • ネズミ探偵Marselシリーズ2冊目^^

    今回の舞台はロンドン。旧友を訪ねたマーセルを事件が待っていた!
    シェイクスピアの手紙。という格調高い品物の盗難事件。
    かなりドキドキの展開で、楽しみました。
    Penguin Readers Level1ですが、読み応えあります。

    word count_2,031

  • ○あらすじ

    フランスの探偵ネズミMarcelは、友達のHenryを訪ねてロンドンにやってきます。

    そこで、Henryの家の近くに住む教授が、

    シェークスピアが息子に宛てた手紙を持っていると聞いたMarcelは、

    教授の外出中にこっそり見に行くことに決めますが…。

    (あらすじは参考程度にお願いします。要約とかは苦手なもので…)


    ☆感想☆

    以前から、ちょっと読んでみたかった本を図書館でみつけましたw


    PGR1なのに、結構長いっ!!

    もう少し、最後にかけてをしっかり書いてほしかったけど…

    結構楽しめましたw


    表紙のMarcelが、なんか凛々しくて好きですww


    この本に“Guy Fawkes Day ”というのが登場するので、調べてみました。

    “Bonfire Night”とも呼ばれるらしいです。

    ちょっと残酷な事件を祝ったイベントですが…

    “Hi, guys!”みたいに使われる“guy”が、この人に由来するというのは、

    興味深いお話でした。

全15件中 1 - 10件を表示

Penguin Readers: Level 1 MARCEL AND THE SHAKESPEARE LETTERS (Penguin Readers, Easystart)のその他の作品

Stephen Rableyの作品

電子書籍

ツイートする