Penguin Readers: Level 4 MURDER ON THE ORIENT EXPRESS

  • Pearson Japan
3.25
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・洋書 (77ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781405892148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件」のペンギン版。初めてのアガサだったので、ポアロがどんなキャラクタわからないまま読み進み、最後の大岡裁きには少々感動。

  • 総語数:18985

    横浜国立大学附属図書館蔵書検索
    http://libopac.lib.ynu.ac.jp/webopac/BB00631891

  • I want to read そして誰もいなくなった.

  • CEFRでB1レベルということで、よくもまあ簡単な単語で難しいストーリーを描写しているなぁという感想。ただ、英語だと登場人物が一見して見分けがつかないのが難点。
    初めて読んだが、真相はだいぶ奇抜だった。

  • 三谷幸喜のテレビドラマ化をきっかけに購入。ミステリとしては面白い作品だけれど、多読図書としては、登場人物が多く、名前が覚えずらく、呼び名が変わり、文化的な妙味は知識が必要で、推理したり謎を解く時間も少なくあっという間に解決されてゆくので、この語数では無理があるかも…。18985wd

  • 邦訳版で既読のはずですが内容はすっかり忘れており、新鮮な気分で読みました。

    ぽんぽんと都合よく進みすぎるのはGRだから仕方ないのでしょうか。もっと味わいがある作品だったような…。
    原文にも挑戦したいです。

  • YL:4.5
    語数:18985

  • トルコからフランスへと向かうオリエント急行。雪で立ち往生している中、乗客が他殺死体で発見されます。名探偵ポワロはその灰色の脳細胞でこの難事件を解決できるのでしょうか?ミステリーの女王、アガサ・クリスティの最高傑作です。

  • 登場人物が多く、頭がこんがらがって大変だった。

    Retold のせいかも知れないが、これを読む限り、ポワロは想像で推理を進め、事件の筋書きを作るタイプに見える。それが見事にビンゴなのが、都合良すぎ。目の前の事実からだけ推理していくホームズとは対照的かもしれない。

全9件中 1 - 9件を表示

Penguin Readers: Level 4 MURDER ON THE ORIENT EXPRESSのその他の作品

Fiona Beddallの作品

ツイートする