Guess How Much I Love You

著者 : Sam McBratney
制作 : Anita Jeram 
  • Walker Books Ltd (2007年11月5日発売)
4.52
  • (13)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・洋書 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781406300406

Guess How Much I Love Youの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 愛しているよ

  • いかに自分が相手を好きか、色々なやり方で競い合うふたりのお話。
    この二人の関係性は明示されていないけれど、読む人によって色々な解釈、妄想も含めて、が楽しめそう。

  • あまりにも有名なこの絵本。
    内容も知っているし、何度もカバーを見たこともある。
    それでも、手にとってページをめくると、もう悶絶するしかない可愛さのHareたちがいて、それだけでこの本を買おうと決心するのではと想像します。
    「好きだ」と伝えることは相手にとっても嬉しいことで、大事な大事なことですが、それ以上に「好きだ」と伝える本人が一番その言葉に包まれるのかもしれません。「大好きだ」と毎日伝える相手がいることも幸せ、そう伝えられる自分も幸せ。これ以上にwin-winの関係はないですね。

  • 108

  • りおめっちゃ喜んでる。
    52
    K君にプレゼント

  • 可愛くてお気に入り。
    子供のために買ったけど、私が気に入りました。
    子供にはまだ長すぎるかなー?
    これからも継続して読み聞かせます。
    翻訳も買ったけど、英語版の方が余韻がいいです。

  • 【376w】


    「どのくらい君のことが好きだとおもう?」
    大きなうさぎと小さなうさぎの2匹が、どのくらいかをお互いに比べっこ。


    可愛いうさぎさんたち♪親子とは書かれていないのだけれど、その愛溢れるお互いへの思いでわかります♪愛し合っているのですね。心が温かくなりました♪

  • Little Hareは寝る前に「どんなにきみことが好きか知ってる?」と言って、「こーんなに好きなんだよ!」と両手をいっぱい広げてみせました。すると、Big Hareも「でも僕はこーんなにきみのことが好きだよ」と両手を広げてみせます。「でも僕はこーんなに好きなんだ!」と精一杯背伸びしてみせるLittle Hare。ふたりの大好き合戦が始まりました。372wd

  • もう、めちゃくちゃ大好きな絵本です。
    絵も文章も、どちらも可愛い。
    使われている英単語は難しいものではないので、英語が苦手という方への勉強用としても、ぴったりだと思います。
    何度も声に出して読んでいれば、きっと英語が好きになれる。

    ちっちゃなウサギとおっきなウサギが、お互いをどれだけ好きか比べあうお話。
    量れるようなモノでもないのにね。
    ちっちゃなウサギの最大級な「好き」の大きさと、それに対するおっきなウサギの答えは何度読んでも微笑ましく思えます。

  • 小さいウサギと大きいウサギのお話です。小さいウサギは自分がどんなに大きいウサギのことを愛しているかを伝えたくたまりません。「どれだけ好きだかあててごらん?」
    小さいウサギと大きいウサギは互い相手のことをどれだけ愛しているかを腕を広げたり、背伸びしたり、飛び跳ねたりしながら表現していきます。小さいウサギはどんなにがんばっても大きいウサギにかないません。さて・・・

全10件中 1 - 10件を表示

Guess How Much I Love Youのその他の作品

ハードカバー Sam McBratney

Sam McBratneyの作品

Guess How Much I Love Youに関連するまとめ

Guess How Much I Love Youはこんな洋書です

ツイートする