I Want My Hat Back

著者 :
制作 : Jon Klassen 
  • Walker Books Ltd
4.08
  • (7)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・洋書 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781406338539

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • It was an interesting story. A bear has lost his hat and he asked animals whether animals knew his hat. It was a little scarce story, but it was funny a bear and one animal said same way when they told a lie.

    Level: orange

  • 『どこいったん』原典。簡易な英語です。日本語版と一緒にどうぞ。

  • なかなかシュールな話。
    最後、ほかの動物たちがどうなったのか?
    ウサギは無事だったのか・・・
    無事じゃすまないよなぁ。

  • とても気になるクマがいます。短く太い脚がでっぷりとした大きなお腹を支えています。静かな怒りを湛えたうつろな瞳には凄みとブラックホールみたいな吸引力があります。"I love my hat."と言ってしまうくらい、赤いとんがりぼうしのことが大好きなクマです。ただ、似合っているかは別問題です。何度読んでも、クマの最後の言葉には背筋が寒くなるのだけど、困っているカメを助けてあげる優しさを持っていることを私は知っています。
    『熊、それは平和だ』とどこかの旅行家が断言していたから、本来クマはきっと平和主義者なんだ。

  • なんてこった。

  • 英語がよくわからないのだが
    全体的に丁寧な感じがした。

    探し物を訪ねる場面でどんなふうに他人に聞くか

    どう答えるか
    子供たちには
    Have you seen my~?

    Thank you ,anyway.が残るような気がする。

    なかなかの終わりかたですが(笑)

  • ◎ YL 1.0
    ◎ 253語

  • [江戸川区図書館]

    最初に読んだのは、同作者の「ちがうねん」。個人的に関西弁への訳はいただけないものがありましたが、それでも面白かったです。
    そこで同作者のシリーズ&原作を探して借りてきたのが、この本。邦題は、「どこいったん」。
    http://booklog.jp/users/akiuwa/archives/1/486101199X

    当初邦訳のほうが手に入って読んだときには、うさぎがどうなったのか分からないながらも、いやーな予感がしてシュールだなぁとだけ思っていたら、、、、やっぱり!

    「I would not eat a rabbit」………
    やっぱり、そうだったんだ?!って感じの"答え"を聞けて、すっきり。
    きっと邦訳ではシュールだと思って削ったんだろうけど、こういう"オチ"は削っちゃいけないと思う。もともと個人的には関西弁もおもしろいけど、訳としてちょっと?と疑問だったところにこの意訳(略約?)!訳者へのマイナス評価が増えちゃいました。

全8件中 1 - 8件を表示

I Want My Hat Backのその他の作品

I Want My Hat Back ハードカバー I Want My Hat Back Jon Klassen
I Want My Hat Back Kindle版 I Want My Hat Back Jon Klassen

Jon Klassenの作品

ツイートする