Get the Ball! (Foundations Reading Library Level 1)

  • Heinle & Heinle Pub
3.22
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・洋書 (16ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781413027648

作品紹介・あらすじ

Today is a big soccer game, the Reds versus the Blues. Jenny and Kerry are watching the game. Kerry like the Reds and Jenny likes the Blues because Kerry likes Anthony who plays for the Reds and Jenny's boyfriend Alex plays for the blues. Alex scores a goal. Jenny is happy, but Kerry is not. Anthony gets the ball but Alex pushes him. Then Anthony gets the ball back and scores a goal. Alex pushes him again. Then Anthony runs at Alex and pushes him to the ground, but everyone realizes that Anthony saved Alex from getting hit with big bags that would have hurt Alex. Alex thanks Anthony for being a good friend.

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 語数:530/YL:0.6/電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000025645

  • 総語数:530
    本文リンク
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000025645

    【自宅・スマホ・タブレットなどからアクセスするときは】
    「便利な使い方マニュアル」をご覧ください。
    http://www.lib.ynu.ac.jp/search/maruzen_PDA.pdf

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50089920&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • YL0.6 語数521w サッカーの試合を応援する女子2人。それぞれの好きな相手同士が、反則を取られながらぶつかり合う。

    1巻目6話の中では出来事が唐突に感じられて、あまりおもしろくなかった。次の話に期待。  (Foundations Reading Library #1-5)

  • 530 words YL 0.6
    Total:3 books 1560 words

  • この本はAmazon.co.jpでは取り扱っていないので(現在は扱われてるかも)、紀伊國屋BOOK WEBで購入しました。ここ、洋書がAmazonより安いので(入荷経路によってたまにAmazonより高いのもありますが、そういうのはAmazonで買います)、今回多読でかなり利用しています。届くのが2週間後とかでちょっと時間がかかるんですが、待てば必ず入手できるので、値段の安さをとるならお勧めのお店です。たくさん買う場合だいぶ違ってくるので。

    さて、本書はサッカーの話です。やっぱりサッカーの話ははずせないっしょ! 実際おもしろかったし。

    BluesとRedsの試合。BluesのAlexと、RedsのAnthonyが、かなり激しくボールを奪い合います。お互い熱くなってしまい、しまいにはイエローカードが出てしまいます。Anthonyは怒りのあまりボールを外へ蹴り出してしまいました。

    Anthony、それはダメだよー(やっぱり赤いチームってのは気が荒いのかねぇ……コソコソ)。でもそれを処分する以前にちょっとした事故が起こり、それどころではなくなってしまいます。

    ピッチの外で、それぞれの彼女が試合を見てるんですよ。彼女どうしも友達なんです。その応援がね、けっこうウザそうだなぁ、なんて……。気持ちはわかりますけどね。

    サッカーでよく使う表現を、英語ではこういうのか、というのもいくつかわかったりもしたし、サッカー好きには楽しく興味深く読めた一冊でした。

全7件中 1 - 7件を表示

Rob Waringの作品

ツイートする