Frantastic Voyage (Franny K. Stein, Mad Scientist)

  • 29人登録
  • 3.80評価
    • (4)
    • (4)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : Jim Benton
制作 : Jim Benton 
  • Simon & Schuster Books for Young Readers (2006年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781416902300

Frantastic Voyage (Franny K. Stein, Mad Scientist)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自分の発明品が悪用されないように、いざというときに備えて地球を半分吹き飛ばしてしまうほどの爆弾を開発したフラニー。
    ところが助手犬イゴーがそれを飲み込んでしまい。。。

    ミクロの決死圏のフラニーバージョン。
    クールなマッドサイエンティストが今回もやってくれます。

    爆弾を解除するために奮闘しながら、そもそもそんなもの発明しなければよかったじゃん、と自問自答して笑うところがクールだなあ。

  • Igor, Franny`s lab assistant, learned a great deal about mad science working with Franny in her laboratory.
    But, Igor had lots of mistakes.

    Igor was a good lab assistant. But he could be a real pest sometimes.

    Franny knew that there were people who handled pests every day. For example, her brother, Freddy.
    Franny often imagined that how to murder him to make him calm.

    Franny`s mum was more simply. She just pressed on the remote control and Freddy stopped in mid-step and slumped down on the floor in front of TV.
    Freddy did nothing but stare at the TV.

    Franny thought " This may be what I need," and she set up the new television in front of Igor. It did work. Igor did nothing but stare at the TV. So, Franny had enough time to work alone.

    This is perfect, she thought. But maybe it wasn`t.

    It is cute that Igor`s smile the kind of you smile when you know you`ve done something wrong, but you`re hoping that nobody can tell.

  • YL: 2.9(平均)
    4,297語

  • フラニーちゃんはちょっと不思議ちゃん...。
    いつも実験の邪魔ばかりするペット犬(研究助手犬のはずだったけど?)イーゴル。
    フラニーはイーゴルにテレビを見せておけば邪魔をしないと思ったのです。
    ところが、イーゴルがフラニーの作った爆弾を間違って食べちゃった!!!
    ちゃんと噛んで爆弾のスイッチも入れちゃったので、さあ大変!
    なんとフラニーが作った爆弾は地球の半分を吹っ飛ばすというのです~。
    さあ、どうするフラニー!


    助手犬イーゴルの名前ってフランケンシュタインの助手の名前から取ってあるのね。
    面白いです~。

  • Franny K. Stein#5

  • #5,4540語

  • 4800

全9件中 1 - 9件を表示

Frantastic Voyage (Franny K. Stein, Mad Scientist)のその他の作品

Jim Bentonの作品

Frantastic Voyage (Franny K. Stein, Mad Scientist)はこんな洋書です

ツイートする