The Innovator's DNA: Mastering the Five Skills of Disruptive Innovators

  • Harvard Business School Pr (2011年7月19日発売)
4.50
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・洋書 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781422134818

The Innovator's DNA: Mastering the Five Skills of Disruptive Innovatorsの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原書にしたのは日本語版の自炊よりKindle版がよかっただけで、あと値段? まずは自分ひとりのレベルから、5つのスキルを磨いていこうと思います。ホテル業は、驚くべき新製品とか業態変更とかありえなさそうな業界だけれど、イノベーションを積み上げればダントツの差別化は可能かも。

  • 参考:HBR掲載論文「イノベーターのDNA」(HBR 2010年4月号より)について

    http://akyoshi.cocolog-nifty.com/knowledge_design/2010/03/dnahbr-20104-80.html

    日本語訳:
    「イノベーションのDNA」クレイトン・クリステンセン、ジェフリー・ダイアー、ハル・グレガーセン・著, 櫻井祐子・訳

    http://akyoshi.cocolog-nifty.com/knowledge_design/2012/02/dna-ec1f.html

  • 「イノベーターのDNA」というタイトルからは、独創的なアイデアを生み出すイノベーターには、生まれつきの遺伝子が存在して、凡人には到達できないものなのか、と思わせるが、本書の内容は全く逆で、誰でも心がけと訓練しだいで、イノベーターに成れる、というもの。
    独創的なイノベーターとなるには、「質問力」「観察力」「ネットワーク力」「実験力」を磨き、「関連付けをする力」を鍛えることが必要。それぞれの力の訓練方法を具体的に解説している。
    イノベーターの力は、数百人の経営者へのインタビュー結果に基づいて導き出されたものとのこと。本書の中では、事例として、スティーブ・ジョブスを始めとする有名なイノベーター達のエピソードが多く紹介されている。
    訓練で鍛えられる、と書いてあるが、やはりスティーブ・ジョブスには生まれながらの遺伝子があったのではないだろうか?

  • 10月2日付日本経済新聞に、クリステンセン教授の特集記事があり、本書が紹介されています。connectingの努力とCreativityの関係が説明されています。

全4件中 1 - 4件を表示

The Innovator's DNA: Mastering the Five Skills of Disruptive Innovatorsのその他の作品

Jeff Dyerの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

The Innovator's DNA: Mastering the Five Skills of Disruptive Innovatorsはこんな洋書です

ツイートする