The Fault in Our Stars: Library Edition

3.67
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・洋書
  • / ISBN・EAN: 9781455869893

The Fault in Our Stars: Library Editionの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 約84250

  • 映画を見て原作を読みたくなった(図書館本を予約して結構待った)。かなり忠実な映画化で、受ける印象もかなり近い。原作は、ヘイゼルが語り手でそれが効いているが、映像化でも別に不自然なナレーションとかなしで、その特長を生かしているのが見事。
    お涙だけどただのお涙でないのは、ヘイゼルの、死後の生とか不滅の魂とか信じない非感傷的キャラに拠るところ大。ただ、彼女が非常に抑制的なのは、主知的キャラだけでなく、病が不治であって延命も時間の問題ということを承知しているゆえに自分の病や遠からぬ死で身近な人が苦しむのを恐れるあまりでもあり、それが、思いもよらず(ガスの病は出会い時には寛解していたため)、自分が残される側になって解放されるという話でもある。ヘイゼルもガスも良い子すぎるくらい良い子だが、アイザックの存在が、映画でも原作でもきいている。彼のガスへの弔辞が一番泣かせどころかも。

全2件中 1 - 2件を表示

The Fault in Our Stars: Library Editionのその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする