The Rainbow Fish

  • 38人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (7)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : Marcus Pfister
  • North-South / Night Sky Books (1992年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781558580091

The Rainbow Fishの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 高慢な魚が、素直に人の忠告を聞き入れて、角が取れた付き合いやすい魚になる話。

    富の再分配を描いていると読むと理想的な絵本だけれど、とんがった個性とスター性のある子が孤独に耐えかねた結果、周りに合わせた平凡な子になる話と読むとつまらない。どちらにしろ教育的すぎる。

    イラストはきらきらでかわいい。

  • 「にじいろのさかな」英語版を古本100円で入手。
    日本語版と並行して読み聞かせている。

    日本語版でストーリーを把握しながら、英語で読み聞かせることで、英語の意味をそのまま子どもに伝えているようにしているのだが、どこまで子どもに伝わっているかは分からない。

  • にじいろのさかな英語版。
    話はお説教臭くて正直あまりすきじゃないけれど、子どもはキラキラのホログラムが気に入って毎日読んでいる。(2歳4ヶ月)

  • 619語数
    キラキラのいろんな言い方

  • S太朗4歳10ヶ月で読んだ本。のほほんとした本だとおもったら、結構シリアスな面もあったりして。。

  • ○あらすじ

    キラキラ光るうろこを持つRainbow Fish。

    でも、彼には友達がいません。

    どうすれば良いかと、彼はヒトデに相談してみますが…。

    (要約は苦手なので、参考程度でおねがいします。)


    ☆感想☆

    キラキラした絵が綺麗だったので、借りて来てみましたw

    ストーリーは、SSSの書評にも書いてありますが、ちょっと教訓的すぎる気が…;;

    なんとなく、納得がいかない気がします…

    でも、絵が綺麗なので☆は4つ(爆

  • 2009年1月読了。

  • にじいろのさかな、原書ですね。キラキラしててキレイ。

  • 【rainbow】【魚】【キラキラ】きらきら光る☆うろこをもったRainbow Fishは、世界一の美しさが自慢。でもそんな性格で友達もできずひとりぼっち。どうしたらよいか悩んだRainbow Fishに対するwise octopusのお告げは・・・619wd

  • きれいなウロコを持つ魚を、皆が避けるようになります。<BR>ウロコが虹色に光ってきれいです。<BR>619語、28ページ。

全10件中 1 - 10件を表示

The Rainbow Fishのその他の作品

1-0735819297の詳細を見る ペーパーバック 1-0735819297 Marcus Pfister
1-1572270284の詳細を見る ハードカバー 1-1572270284 Marcus Pfister

Marcus Pfisterの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

The Rainbow Fishはこんな洋書です

ツイートする