Plates and Dishes: The Food and Faces of the Roadside Diner

著者 : Stephen Schacher
  • Princeton Architectural Press (2005年5月12日発売)
3.75
  • (4)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 31人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781568985053

Plates and Dishes: The Food and Faces of the Roadside Dinerの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2005年発表。

    よくアメリカの映画にも出てくる
    ダイナー。

    日本には
    アメリカそのもののダイナーはないに等しいんやけど、

    家庭的で美味しい
    言わば「おふくろの味」を、
    比較的安く大盛りで食べられる、
    郊外にある大衆向けの食堂ってニュアンスが近いのかな。
    (列車の食堂車の内装を真似てたり列車そのものを使い、日本のファミレスとはまた似て異なります)


    本書はそんなダイナーで働く
    ウェイトレスたちと、
    その店で食べられる
    ワンプレートのお皿に盛られた
    てんこ盛りの料理を
    店ごとに見開きで写した、

    アメリカの片田舎の匂いが感じられる
    貴重な写真集です。


    どのウェイトレスも写真に撮られるからといって、
    着飾ったり
    よそ行きの顔を作ってなくて、

    ふてぶてしくもあり、
    生活感の漂う(笑)
    素の表情が
    なんともリアルで
    味わい深いんです。

    そして独特な
    褪せたような写真の色彩。

    ステーキにハンバーガーに
    目玉焼きに
    ピザにパイに
    大盛りポテトなど、
    どんなけ食うねんって
    ツッコミそうになるほどの
    料理のボリュームは、
    大食いファイターの自分には
    うらやましいかぎり(≧∇≦)


    自分にとってのダイナーは
    ロードムービーと
    50年代のロックンロールが似合う聖地であり、

    人生の悲哀を滲ませた人たちが集う
    深夜食堂であり、

    自由の象徴である
    アメリカそのものです(^_^)v

  • お世話になった人にプレゼントする用。

    備忘。

  • 左側にダイナーのプレート、右側にダイナーの女店員をうつした写真集。ザッツ・アメリカという感じがいかにもただよう写真集。

  • アメリカ料理(ハンバーガーやステーキなど)と看板娘の写真集。

  • うまそう。中盤に出てくるブロンドのウェイトレスが。

全5件中 1 - 5件を表示

Plates and Dishes: The Food and Faces of the Roadside Dinerのその他の作品

1-B000W7M4D2の詳細を見る ペーパーバック 1-B000W7M4D2 Stephen Schacher

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
飯島奈美
松長 絵菜
ニシワキタダシ
小川 未明
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする