A Year of Mornings: 3191 Miles Apart

  • Princeton Architectural Press (2008年9月3日発売)
4.50
  • (20)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :113
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・洋書 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781568987842

A Year of Mornings: 3191 Miles Apartの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 詩的な写真がいっぱい。
    朝の静寂感が伝わってくる。
    この写真集のトーン好きだなぁ。
    西海岸と東海岸に住む2人の女性が、1年間、互いに毎朝の写真をブログにUPしたもの。の書籍化。
    私もこういうのやってみたい。朝活。

  • 3191マイル離れてる二人の毎朝の写真。
    さりげない日常を切り取った写真集。

  • アメリカのある二人の女性が、1年間の朝の光景を撮りためた写真集。テーブルに並ぶ食事や、朝露に濡れる草花など、どこか普遍的で心を癒される写真が並ぶ。ページをめくるたびに、見たことのない、でも、どこか親しみを感じる朝の光景がひょっこりと顔をのぞかせる。時たまページをめくれば、いつも、見覚えのないページを必ず見つけて、しばらくあれこれと空想をめぐらしてしまう…。

  • 3191マイル離れた2人の女性たちが、ある1年の朝を撮りあった往復書簡ブログ。これは、その朝を写真集にしたもの。

    忙しい毎日に追われて、日々の美しい朝の時々を私は見過ごしているのかな...。
    ほんとは何気ないコトなのに、ひとつ視点をかえるだけで、こんな風に見える朝。
    2人の女性たちの試みがなんともステキだったり。なんとなく過ぎ行く朝と、毎日深呼吸して、陽の光を浴びたくなる朝の過ごし方、きっと1年たったら大きな違い。

    私もこんなステキなコトをしたい。
    そんな風に、思います。

  • 仕事用のイメージブックとして使っています。

  • 朝の光、卵の殻、猫の毛並み、等々・・・今、この瞬間の空気感や光を残したいから、誰かに伝えたいから、という単純な理由で撮られた写真たち。余計な思惑など無いから美しいに決まってる、

  • 伊藤まさこさんの『雑食よみ』で紹介されていた。

    『ぎっちょんちょん』群ようこ
    さえないシングルマザーが三味線と運命の出会いを果たし、芸者になって輝いていく話

    『うちの冷蔵庫』飛田和緒
    冷蔵庫が大好き!な著者が、冷蔵庫の活用法を紹介している本

    『土鍋で炊くごちそうご飯』
    京都の料亭の大将さんが出した本。土鍋でご飯を炊く生活に憧れる。

    『来ちゃった』ほしよりこ
    なんぞここ!?って感じの、知る人ぞ知る、というか知っている人しか知らないマニアックな名所を紹介している本らしい。

    『老いのシンプル節約生活』阿部絢子

  • 写真の透明感がなんともいえない。
    秋、曇りの日の室内。
    といったイメージ。

  • 静かな空気に魅せられました。

  • とてもとても素敵!!!!

    陽のあたる窓際でゆったり読む(見る)のがおすすすめ。
    これからの季節、手放せない一冊。

全16件中 1 - 10件を表示

A Year of Mornings: 3191 Miles Apartのその他の作品

A Year of Mornings: 3191 Miles Apart Kindle版 A Year of Mornings: 3191 Miles Apart Maria Vettese

Stephanie Congdon Barnesの作品

A Year of Mornings: 3191 Miles Apartに関連する談話室の質問

A Year of Mornings: 3191 Miles Apartはこんな洋書です

ツイートする