The Economist: Megachange: The world in 2050

著者 : The Economist
制作 : Daniel Franklin  John Andrews 
  • Economist Books (2012年3月1日発売)
4.67
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 16人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・洋書 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781846685859

The Economist: Megachange: The world in 2050の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっと終わった‥
    分かったことは (1) いろんな予測の中で,人口の予測の確度は高い。逆に言うと,人口への対策は一朝一夕にはできない,(2) 将来を楽観できる根拠は,いまから 40 年前の悲観的な予測のほとんどが外れているということ。(1) は最初の章,(2) は最後の章の感想だが,きちんと途中も読んだよ (もはやほとんど頭に残っていないが :-p)

  •  結局一ヶ月近くかかって読了。やはり使われている英単語はそこそこ難しく、まったく辞書なしでというわけには行きませんでした。
     やはり目を惹くのは第1、11~15章あたり、新興国の勃興が続く一方で、西欧と日本の停滞が今後40年続くとの予測がなされるくだりでしょう。筆を執るのは主に英国人ですし、最終章で言及されるとおり「悲観論は楽観論よりも耳目を集める」のですから、そういった論調になるのは当然かもしれません。でも、やはり我々日本人には、ここでなされている予想を「単なる占い」や「恣意的な統計の切り出し」として片付ける余裕はないように思います。むしろ、衰退国家の筆頭扱いであることを正面から受け止めた上で、世界が驚くようなresurrectionで目に物を見せてやる、そんな気概がこの本を読む日本人に生まれてくれたらと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

The Economist: Megachange: The world in 2050のその他の作品

1-1118264983の詳細を見る デジタル 1-1118264983 The Economist
1-1118240324の詳細を見る デジタル 1-1118240324 The Economist
1-1118227352の詳細を見る デジタル 1-1118227352 The Economist

The Economistの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

The Economist: Megachange: The world in 2050はこんな洋書です

ツイートする