The Girl Who Played With Fire (Millennium Trilogy)

  • 83人登録
  • 4.44評価
    • (23)
    • (19)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : Stieg Larsson
  • MacLehose Press (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・洋書 (608ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781906694180

The Girl Who Played With Fire (Millennium Trilogy)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • Apparently you could not get everything you wanted in this world.
    ぜいたくにいろいろ持っているエリカのこの短い心中のセリフが人生の真実を物語っているようです。

  • そばで起こったらあまりにもむごい話を緻密な表現で淡々と進む。第一作でも感じた冷静さがさらに洗練された感がありました。だからこそ読める。ふつうだったらこういう題材は読まないだろうなと読みながら何度も思いました。それぐらいの力量を感じちゃうんですよね。翻訳でも。そうじゃなかったらこんなにノンストップで読めないですよね。
    著者自身も有名なアンチ右翼のジャーナリストなので、とてもリベラルです。私はこの話の内容はちょっとこわいけど、この言葉が全部あてはまらないかもしれないけど、そのリベラルさがとても好きです。ある意味むっちゃCool。

    彼の視点は著者の視点ではと思いながら読んでいたんですが、普段皆がモラルからはずれていると思う視点を通して物語が語られる。そのモラルとははたして本当にふさわしいものか?正しいのは何?社会の枠とあわないことが悪なのか?そもそも社会不適格とはどういう定義なのか。それを正面から斬るいさぎよさ。しかし、話は私には推測不可能でした。やられた。

  • いままでにない強い女性主人公!

  • 三部作なのを知らずにこれから読んだけれど、すぐ引き込まれた。面白い!

  • ミレニアムシリーズ2冊目。英語の勉強のために読んでいるのだけど、シリーズが進むと段々分厚くなるのは、まさか私のため?

    毎回、主人公のSalanderがかっこいいのだけど、今回も。強い、強い。Blomkvistとはうまく行くんでしょうか?2冊目ではほとんど接点なかったけどね。

  • 前作が謎の解決を読者と主人公が一緒に追っていくという展開になっているのに対し、こちらは謎の一部が読者にわかっていて登場人物たちが解き明かさないといけないという展開で読者が謎の解明に向かう登場人物にハラハラ、イライラするというところが新鮮だった。捜索本部内の人間同士の微妙で複雑な力関係もリアリティがあって、ああいうややこしい関係を職場で経験したことがある人はたくさんいるはずだ。結末に不満な読者もいるだろうがあの終わり方だからこそ三作目を読まねば、という気持ちになる。実に持ち札の多いストーリーテラーで生きていれば読み応えのある物語をもっと書いてくれたにちがいない、彼の作品がもう読めないのは残念。

  • ミレニアムシリーズ二作目。
    自転車通勤に変えてから読む暇がなくなって
    やたら時間がかかってしまった。

  • Damn good.
    liked it very much :)

  • もうすぐ第1作を読み終わりそうなのでこのハードカバー判を買いました。
    そして読了しました。
    おもしろかった。
    というより、英語で本を読んで面白かったと言える自分がうれしい。
    そうじゃなく、おもしろかったから読了できた。

  • Dragon tattoに続くまたまた超傑作。
    無実の罪で追われるサランデルと
    その無実を証明するために必死に奔走するミカエルによるミステリー。

    ハラハラドキドキが止まらない。

全13件中 1 - 10件を表示

The Girl Who Played With Fire (Millennium Trilogy)のその他の作品

The Girl Who Played with Fire (Millennium Series) ペーパーバック The Girl Who Played with Fire (Millennium Series) Stieg Larsson
The Girl Who Played with Fire (Millennium Series) ペーパーバック The Girl Who Played with Fire (Millennium Series) Stieg Larsson
The Girl Who Played with Fire (Millennium Trilogy) ペーパーバック The Girl Who Played with Fire (Millennium Trilogy) Stieg Larsson

Stieg Larssonの作品

The Girl Who Played With Fire (Millennium Trilogy)はこんな洋書です

ツイートする