Ashes and Snow Tokyo Exhibition Catalog (Ashes and Snow Books)

制作 : Gregory Colbert 
  • Flying Elephant Books
4.59
  • (14)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・洋書 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9781933632322

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 息をのむ・・・

  • ノマディックで観てきました。

    手漉きの巨大な阿波紙に焼かれた
    焦げるように強い 命。

    星5つでは
    とても 足りない。

  • 何度開いてみても、静かで音のない世界に入り込んでしまう。作品も造本も、手触りも何もかもが心地よくて、この作品集と向き合っている間は、ゆったりと時間が流れていく気がする。

  • 動物と人間を題材にした神秘的な写真たち。
    私は何年か前に写真展へ行ったのだけど、入った瞬間の衝撃を忘れません。

  • 調和と静寂の中に

    秩序のある、人と動物の共存の世界。

  • 今まで何度読んだか分からないくらい好きな写真集。

    この写真集に収められている世界では、動物と人間が当たり前のようにすぐ隣にいる。そこに動物だから人間だからとかいう腐った区別はなく、泳いだり、沐浴したり、本を読んだりする「共生」が写し出されている。共に生きるとはどういうことだろうか。

    言葉が通じ合わない者達が共に生きることと、言葉が通じて共に生きることというのは大きな差異があるようで、その実無い。
    言葉を持つことというのは、単なる自己顕示なのだろうか。
    自分を分かって欲しいとか、自分はこうなんだと示す為に使われる言葉、それは勿論いいことだと思うのだが、言葉が通じなくても相手に寄り添えることを考えると、言葉とは然程意味を持たない気がしてくる。
    自分も自己顕示の為に言葉を使うことが多いため、少し寂しく思った。
    もっと、使い道あるよね、言葉って。

    あと欲望なのだが、この写真集のように豹と戯れたいし、象と一緒に沐浴したいし、鷲にも突かれたい。
    人間は目を閉じてる写真が多いのだが、僕も目を閉じて次開く時は、この草原に、この砂丘に、この川辺に居たいなって思う。

  • いろんな感情が生まれる。
    それは感謝だったり、申し訳ない感じだったり…。

  • 衝撃的だった。しびれた。

  • 不思議感漂う写真郡。
    壮丁にも工夫がある。
    写真集もいいが、DVDも映像と音が癒しの一時に誘います。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

Ashes and Snow Tokyo Exhibition Catalog (Ashes and Snow Books)はこんな洋書です

ツイートする