海亀通信

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000001830

作品紹介・あらすじ

21世紀わたしたちはどこへ行くのか。戦争や環境危機、続発する少年犯罪…ゆれ動く現代世界を真摯に問い、宇宙論や生命科学などの新しい知をみつめながら世界と人間のありかたを模索する作家の最新エッセイ集。

著者プロフィール

1944年ハルピン生まれ。鹿児島県立甲南高校校卒業後、アメリカへ渡る。ニューヨークで通算13年暮らし、世界60数カ国を歩いた。
早稲田大学客員教授、大阪芸術大学教授などを歴任。
著書『南風』(文藝賞)、『金色の象』(野間文芸新人賞)、『焼身』(読売文学賞 芸術選奨文部科学大臣賞)、『魔王の愛』(伊藤整文学賞)。ほかに『グリニッジの光りを離れて』、『ぼくは始祖鳥になりたい』『金色の虎』、『永遠の道は曲りくねる』など多数。

「2019年 『南風』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮内勝典の作品

ツイートする
×