オリーブの森で語りあう―ファンタジー・文化・政治

制作 : Michael Ende  丘沢 静也 
  • 岩波書店
3.75
  • (4)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000002318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テクノクラートや政治屋にだけ社会を委ねてはいけない。彼らにイマジネーションには限界があり、そこにはファンタジーが必要だ。だが、ファンタジーは想像力の飛躍をいざなう余白の芸術であって、具体的な解法は書き込まれていない。

    結びには「パンク青年はなぜ社会に反抗するのか」という議論があり、若者と大人の共同が大切と謳われる。それをつなぐものは何か。テクノロジーか、場か、政治か、文化か。

    あとがきには「高みから見下ろすような議論ではない」とあるが、やや浮世離れしたやりとりもあって、全体に抽象性が高く世俗を離れた議論になっている。

    議論の中身は少し古びているが、こういった抽象性が高い社会批評を「無意味」と避ける合理主義に釘を刺すという意味で普遍性をもった一冊。


    社会はグレーだ。それは豊かな階調をもち、どこまでも広がるとらえどころのない海。バランス、共有、非原理主義…難しいけれど、行き着く先はそれしかない。

  • 3人の会話(時々4人)を記録した本。コンタクトシアターの話とエンデの批判がとても面白かった。今のソーシャル界への疑心にも繋がるところがあります。

  • 一期一会でエンデと出逢ったので、連れて帰りました。わくわく。

全3件中 1 - 3件を表示

オリーブの森で語りあう―ファンタジー・文化・政治のその他の作品

ミヒャエル・エンデの作品

オリーブの森で語りあう―ファンタジー・文化・政治を本棚に登録しているひと

ツイートする