思い出の青い丘―サトクリフ自伝

制作 : 猪熊 葉子 
  • 岩波書店
3.36
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000002349

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この自伝を読むと、経験をベースにサトクリフの作品群が出来ていることが、よくわかります。
    子供の記憶と大人の洞察力、想像力、どれが欠けても、あの作品達は生まれないんだなあと。

    作者の障害に関し、親も医者も良かれと思って必要のない手術や苦痛を伴う医療行為をしていたようです。
    児童の病気治療に関ても(今も充分ではないかもしれませんが)、当時に比べれば、格段に進歩してるんだなと思います。

    恋人や家族など、デリケートな部分に関しては、知人を配慮する必要があったのか、物足りない一面もありますが、作品が出来る背景を推察するには、充分な内容です。

    ご自分でも細密画家として優れていたと言っていますが、風景、人物描写の巧みさや、顧客のニーズの読み方など、画家と作家で方向性は違いますが、成功する上での共通点が垣間見えます。

  • 障害を持ってても、頑張りましたねー

  • ともしびをかかげて、辺境のオオカミ、アーサー王シリーズなど、たくさんのYA向きの小説を書いたサトクリフの自伝。
    この人が障害を持っていたことは知りませんでした。
    両親のことや子供時代のこと、そして恋愛まで素直に書かれていました。
    私は素晴らしい児童文学を知るのが遅すぎたと後悔しています。

  • 猪熊葉子訳
    安心して読めます。
    自伝です。

全4件中 1 - 4件を表示

ローズマリ・サトクリフの作品

ツイートする