小樽の反逆―小樽高商軍事教練事件

著者 :
  • 岩波書店
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000002516

作品紹介・あらすじ

1925年、軍事教練が全国の中学校から大学にいたるまで「正課」として実施されることになった。雪虫が舞いはじめた10月15日、小樽高商でも初めて軍事教練が行われることになる。当初は「遠足ぐらいの気持ち」でのんびりしたものだった。ところが、配布された軍事教練の"想定"文書が大問題に-。小樽高商から挙がった抗議の声は全国に広がっていく。小林多喜二・伊藤整・山田順子・岡田嘉子など多彩な人物が登場。当時、小樽で判事をしていた筆者の父の目を通して描く迫真のドキュメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • また小樽に行きたくなった。

全1件中 1 - 1件を表示

夏堀正元の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×