老いの道づれ―二人で歩いた五十年

  • 42人登録
  • 3.74評価
    • (4)
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 沢村貞子
  • 岩波書店 (1995年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000002554

老いの道づれ―二人で歩いた五十年の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20年前に母に貸した本
    実家で見つけたのでまた私の手元に戻ってきました。
    渋いの読んでたな…と思わず苦笑。あの頃も、胸に詰まる思いで感動し、母と共有したくて無理矢理、読んでと母の寝室に置き去りにした事を思い出します。

    夢が叶ったり、手に入れたいものを手に入れたとしても、きっと、どこかに不幸というか嫌な部分を誰もが背負うのが人の人生(その大きさや感じ方は人それぞれ)不幸や苦労を苦にしないで、それはそれとして自分の人生に受け入れて、「それでも自分は幸せを掴むことができた」と神様に感謝し、謙虚に亡くなった相手の人生を、自分の幸せとして、その後の人生を全うしたところが、沢村貞子さんのすごいところ。なんだろね。20年たって読んでもやっぱり号泣しちゃいました。

  • 私の大切なひと---
    家人が突然、亡くなった…
    ほんとに突然、私ひとり残して…。

    ========

    この冒頭から始まる
    貞子さんと“殿”との50年の記録随筆。

    貞子さんの随筆は
    いつもなぜか
    気持ちが重なってしまう…
    年も経験も全然違うのに。

    今こうして
    素直に自然と
    愛についてさらりと記す貞子さん。

    時代が時代。
    環境も環境。
    居場所も居場所。

    きっと
    絶対に
    楽ではなかったはず。
    苦労や悩みもあったはず。

    なのに
    全てが幸せそう。

    愛する人にぴったり寄り添うこと
    それが
    何よりもの幸せだと素直に
    感じられたからこそ
    1日1日
    大切に丁寧に過ごされていたのだと思う。

    本当に憧れるな♪羨ましいな♪

    私も貞子さんのような生き方
    おさらいを含める愛し方
    感謝の伝え方
    受け入れ方を倣っていきたいな。

    そして
    殿からの別れの言葉
    泣きました。
    貞子さんじゃないのに
    胸いっぱいになりました。

    “寄り添って”
    “道づれ”
    大好きな言葉になりました。

    貞子さん
    大好きです。

  • あぁ。
    なんという 本 なんだろう。
    50年と言う 連れ添った 人生を
    このように ポジティブに ありのままに
    受け止めることが できるというのは。

    人を好きになるということの
    楽しさを とことん 味あわせてくれる。
    不思議な パワーがある 言葉の運び。

    殿様 らしく 威張っている だんな。
    それを、ひたすら 立てる 妻。
    日本には こんな良い文化が、脈々と 
    息づいているのだった。

    あぁ。ホントに いい本だよ。

  • 20130504読了
    エッセイ「わたしの台所」を読む前に、著者の人柄にふれたいと思って手にとった。女優であり随筆家でもある著者が、映画評論家の夫・大橋恭彦氏の死後、夫が書きかけた2人の生活の記録を書き継いだ本。女優って華やかで目立つ商売のイメージだが、沢村さんは家庭に重きを置いていた。日々の食卓に工夫を凝らし、夫を立てる。親しい友人にまで「女房に食わせてもらっている」と言われる夫の心中を思いやり、「それでも家の中で『でん』としていてくれてありがたかった」と言う、明治女の強さがかっこいい。片方が亡くなって残された1人がこんなふうに相手を想う話には哀しく切なくさせられるけど、2人で積み重ねてきた年月の愛おしさも伝染してきて、あたたかい気持ちになる。著者は1996年没、享年87歳。

  • 「別れの言葉」にジーン。最近私もエンディングノートを書こうかな…などと思っていたり。どちらが先に逝くかわからないけれど、その日まで寄り添って生きてゆければそれだけで充分幸せなのかな…と思わずにはいられない1冊。

全7件中 1 - 7件を表示

老いの道づれ―二人で歩いた五十年のその他の作品

沢村貞子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

老いの道づれ―二人で歩いた五十年はこんな本です

ツイートする