神の痕跡―ハイデガーとレヴィナス

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岩田靖夫
  • 岩波書店 (1990年1月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000003285

作品紹介

存在への問い、西欧形而上学を導いたこの根本的な経験は、果してそのはてに他者を問いうる場=倫理的な次元をひらくだろうか…ギリシア悲劇に、との演劇的な結晶を読み、"問いの道"の二つの終末形態、ハイデガーのとレヴィナスのとを対比する。神々と人間をめぐるギリシアの思索から、無人称の存在の経験を介して、他者に神の痕跡を見出す倫理の地平へ。世界の主観への回収を帰結しない思考の次元の探究。思想の全重量を託したダイアローグ。

神の痕跡―ハイデガーとレヴィナスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784000003285

全1件中 1 - 1件を表示

岩田靖夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィトゲンシュタ...
ジャック・デリダ
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

神の痕跡―ハイデガーとレヴィナスはこんな本です

神の痕跡―ハイデガーとレヴィナスを本棚に登録しているひと

ツイートする