近代日本の精神構造

著者 :
  • 岩波書店
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000003438

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦後から戦前の社会を俯瞰し、精神史的なアプローチでその思想を読み解く論集。
    著者の神島二郎は丸山眞男の弟子であり、この論はまだ学問的訓練を受けはじめのものであった。多数の引用があり、切り口も鋭いものの、多少私見が差し挟まれるところあり、論理の飛躍あり。ただし注意して読めば、道は外していないな、という感はある。
    近年は言説分析と文化人類学とが流行りで、あまりこういった民俗学と思想史を結びつけるような研究は流行らない。しかしながら、神島もいう通り、生活から完全に独立した思想史というものはことに日本では想定し得ないのであり、今までの研究を基盤にもう少し俯瞰的な研究が出てきてもいいのではないか、その方向性としてこの論(最初の論文以外は今ひとつだが)は活きてくるのではないか。丸山の弟子はみんな丸山を越えられないからダメだ、で切り捨ててしまっては勿体無いのではないかなぁ(だからといって神島かよ、というツッコミはなしで)、と思うのである。

  • ・・・・・書きかけ・・・・・

    12年前の1998年4月5日に79歳で亡くなった政治思想学者。

  •  三部立ての第一部が「天皇制ファシズムと庶民意識の問題」

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

神島 二郎
神島二郎:立正大学元教授

「2013年 『新装版 文明の考現学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神島二郎の作品

ツイートする