危機の二十年

  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000003902

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 緊迫するシリア情勢を前にしてこの本を思う。二つの大戦の間の二十年をイギリスの歴史学者が分析する。ユートピアとリアリティ、左派と右派という対立軸の言葉を聞かなくなって久しい。イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシアが行うヨーロッパ内部のパワーゲームは国際情勢そのものだった。この二十年間の「危機」はヨーロッパの「危機」ではなく人類の「危機」だと語る。ユーゴスラヴィアの戦火が収まったのはついこの間だし、ギリシャの経済「危機」がスペイン、イタリアに波及すると世界はどうなるだろう。シリア「危機」も同じ。

全1件中 1 - 1件を表示

E.H.カーの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×