現代の軍拡構造

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (425ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000006057

作品紹介・あらすじ

軍縮交渉と軍拡はなぜ同時進行するのか。国家相互間の作用-反作用で捉える古典的な理論では、現代の軍拡構造は解明できない。軍拡と第三世界の紛争と飢えとはいかなる関連があるのか。本書は、ヒロシマ以後、高度に技術集約化した軍事力のもとでの国家それ自体と国家間関係の変質をふまえ、軍拡の複雑な構造を分析し、軍縮への道を構想する。『現代紛争の構造』に続く問題提起の書。

著者プロフィール

筑波大学名誉教授

「2018年 『一帯一路からユーラシア新世紀の道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

進藤榮一の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×