スノーデン・ショック――民主主義にひそむ監視の脅威

制作 : 田島 泰彦  大塚 一美  新津 久美子 
  • 岩波書店
2.78
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 45
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000010849

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もっとスノーデンの暴露の具体的内容が知りたかったが、かなり抽象的なものである。対策も非常に抽象的で、何が主張したいのか不明確。
    日本では個人情報の保護に関する意識は高いが、国家による情報の監視には関する意見はあまり聞かれない。もっと議論して行かないと、気付いたら政府の思うままになっている可能性もある。

  • 言いたいことはわかるが,訳文が悪いのか本来の文章が悪いのか,ぐるぐるした内容だった.ネット社会は便利だけれど,代償はあまりにも大きい.

  • NSA(アメリカ国家安全保障局)が世界中のSNSやEメールを盗聴していることを暴露したのがスノーデンである。彼の勇気ある行為で、世界の人はメールやSNSが安全でないことを知った。しかし、彼はアメリカに追われる身となった。
    と同時にSNAの脅威があったのかマスコミは黙りを決め込んでいる。岩波がこの本を出版したのは意味がある。やはり老舗の誇りか!

  • クイーンズ大学の監視センターの社会学の教授が書いているということで、ジャーナリズムよりはきちんと書いている。
     対策がほんのわずかしかないのは残念。

  • タイトルがすべて言い表している。

    前に「暴露 スノーデンが私に託したファイル」というのを読んだ。衝撃的な内容だった。
    そして今回この本を読んだのだが、感想としては前の本にプラスすることは特にない。

    難儀なのは、監視されているのに、自ら情報を提供している状況があって、それがわかっているのにやめられないことだ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

カナダの社会学者。クイーンズ大学社会学部教授。小社からの著作は「監視社会」「膨張する監視社会」。

「2013年 『私たちが、すすんで監視し、監視される、この世界について リキッド・サーベイランスをめぐる7章』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デイヴィッド・ライアンの作品

ツイートする