戦後史と象徴天皇

著者 :
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000012010

作品紹介・あらすじ

昭和天皇は戦前は「元首」、戦後は「象徴」となった。たった二字の違いであるが、この違いが日本国民の運命をかえた。いったい戦前の天皇と戦後の天皇とは、どう違うのだろうか?「象徴」とは、何を象徴するのか。敗戦直後の日本では、天皇制廃止か保持かをめぐって、激しい議論がたたかわされたが、はたして第3の選択肢はなかったのだろうか?これらの疑問に対し、私は新しい資料を使いながら、いくつかの問題を提起した。

中村政則の作品

戦後史と象徴天皇を本棚に登録しているひと

ツイートする
×