たった一つの、私のものではない言葉―他者の単一言語使用

制作 : Jacques Derrida  守中 高明 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000012935

作品紹介・あらすじ

「私は一つの言語しか持っていない、ところがそれは私の言語ではない」-この二律背反する、特異な命題が指し示す言語経験は、我々にとって何を意味するのか。フランス植民地下のアルジェリア-矛盾と葛藤に充ちたデリダ自身の自己形成の物語を通して、ポストコロニアルの時代における、言語・文化的アイデンティティと政治、母語、翻訳をめぐる脱構築的考察が展開する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • デリダのアルジェリア生まれユダヤ人というアイデンティティから生まれる疎外感(?)の強度はうっすらと理解できたが、言語というカットで語る意義はやはりよくわからなかった

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1930~2004年。アルジェリア生まれ。フランスの哲学者。著書に「エクリチュールと差異」など。

「2017年 『死刑Ⅰ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャック・デリダの作品

ツイートする